2014年12月30日

ビフォー・アフター

所ジョージさんが司会を務めている息の長いTV番組『ビフォー・アフター』。
番組の制作側としては、いわく付の家を求めます。
普通の家をリフォームして放映しても、おもしろくもなんともないからです。

リフォーム前と、リフォーム後のギャップ。
「えっ、あの家が、こんなに? まったく別の家みたい」
ここまでいくと、リフォームというより、建て替えの感が強いですが。

リフォームする前の家なんですが、
ここの家族は、本当にこの家で、長年暮らし続けてきたのかと疑いたくなります。
たとえば底が抜けそうなベランダや階段。
危ないから、すぐに修理しないと、そう思うことはなかったのでしょうか。
「小出しにあっちこっち修理しないで、お金を貯めて、一気にリフォームしよう」
そんな計画を持って、我慢を続けてきたのでしょうか。

リフォームの前に、現状紹介のナレーションが入ります。
「便座に座ると、板の隙間から通学路を行きかう小学生と目が合ってしまうことも。
家が傾いているため、目が覚めると家族全員が壁側に折り重なってしまいます。
ガスコンロの火は隙間風で知らぬ間に消えていることがあります。
風の通りがよいこともあり、中毒の心配のないことが救いでした。
ベランダはシーソー状態。ベランダの左に行くときは、
家族の誰かに右で重しの役をしてもらわなければなりません。
夜、不意の訪問者があると、玄関が脱衣場を兼ねているので、大騒ぎになることも。
こんな家を今回は空間のバチスタ手術師と呼ばれる匠の………」
せめて5つぐらいは、どんでもない問題を抱えていないと、採用されません。


さて、私が心配するのは、匠にリフォームされた、カラクリ屋敷みたいな家は、
ローンに窮して、やむにやまれず売りに出したとき、果たして売れるのでしょうか。


託された不動産屋さんは、大変な苦労をされると思うのです。
「この廊下の壁、子供の落書きですか? これって消していただけるんですよね。
えっ? 消せないって、なんでですか? プリント? あえて、そうした?」
「うわー、びっくりした。この壁、動くじゃないですか?
えっ? この家の、ほとんどの壁が動く? うそっ、階段まで、動いちゃうんですか?」
「この箱をどんどん積み重ねていけば、部屋の間仕切り? 危なくないですか?」
「すいません。ここのドア、押しても引いても、横に引いても開かないんですけど。
どうやって開ければ? えっ? 横の紐を引っ張ると上に持ち上がる?」
「このボタンを押すと、こことここの壁がせり上がって、露天風呂ふうに?
うわっ、本当だ。でも、全開にしたら大変じゃないですか。外から丸見えですよ。
人の気配がしたら閉めれば………って、閉まるのにえらい時間がかかるじゃないですか」
「ここを引っ張り出して、90度横に倒せば、その時奥に棒が見えるはず?
その棒を出して、どんどん刺して、そして元の水平状態に戻せばテーブルに?
いいですよ、こんな手間かけてテーブル作るなら、買ったほうが早いですから」
「このチョロチョロ流れ続ける水の音、心を癒すとおっしゃいましたけど、
人によりけりじゃないんですか? 私はイライラさせられるんですけど」
「なんで1つのトイレに出入り口が3ヶ所もあるんですか?」
「なんですか、これ? 茶碗の破片が壁にめりこんじゃってますよ。
前に住まわれていた、おバアちゃんが大切にしていた瀬戸物?
それを、おジイちゃんとケンカしたときに、思わず投げつけて割ってしまった。
そのかけらをおジイちゃんが亡くなった後も、ずーっと大事に………。
知りませんよ、そんなの。どうでもいいですけど、取ることは出来るんですか」
「あんな高いところに埋め込み式の照明があるんですけど、
あれって、電球が切れた場合、どうやって交換するんですか?」
「ベッドの蒲団をこのベルトで縛って、ロックを外してクルリと半回転させれば畳敷きに?
あぁ、そのためにわざわざ床を半円に掘り下げたわけなんですね。
………なんだか、お岩さんが縛られた戸板みたいで怖いんですけど」

「………家の使用説明書って? そうですよね。ないですよね。
あのぉ、普通の家でいいんで、他を紹介していただけませんか」
売れないと思います。潰しのきかない家です。


やれやれ、はいつくばっての1000回更新目指します。
posted by 貞吉 at 01:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

していないことの証明

韓国で開催されたアジア大会で、カメラの窃盗容疑で起訴された競泳の冨田選手。
帰国後、「盗んでいない」と冤罪であることを主張しましたが、さてどうなることやら。
自分が無実であることの証明は、非常にエネルギーを必要とします。
「ある」ことの証明より、「ない」ことの証明の方が遥かに難しいのです。

かつて、アメリカの大統領であったブッシュ氏は、イラクに対して
大量破壊兵器を保有していないことを証明してみせろと、
無理難題を押し付けて攻撃を開始しました。


「おまえはこの写真の男を知ってるな。いつ頃、知り合ったんだ?」
「いえ、こんな男、知りません。会ったことさえないですけど」
「いや、そんなはずはない。こっちは、ちゃんと調べてあるんだ。
少なくとも半年前には、この男と会って、今回のテロの計画を練っていたんだろう」
「だから、会ったこともないんですって。知りませんよ。今、初めて見た顔です」
「バカなことを言うな! だったら、会ってないことの証明をしてみせろ」
これを証明するのは容易なことではありません。
会っていない、この男のことを知らない、これを証明してみせろと言われても無理です。
警察から、にらまれた時点でアウトと言われるゆえんかもしれません。

「山田、おまえが盗んでないと言い張るなら、盗んでいない証明をしてみろ」
裸になったところで、すでにどこかに隠したと言われるでしょう。
真犯人を探すしか証明することはできません。

「カシューナッツを食べていないことの証明」
排便時に含有物を調べてみてくれ、と言っても拒否されることでしょう。

その他にも、
「浮気をしていないことの証明」
「そんなところには行っていないことの証明」
「そんな説明は受けていないことの証明」
「そんなことは、ひと言も言っていないことの証明」
「振り返って見たりしていないことの証明」
「ベランダに干してある、女性の下着の臭いを、かいでいないことの証明」


さて過ぎ去った夏のことなんですが、我が身にふりかかった難題。
家のほとんどは、アースノーマットなのですが、そんな中で、
古いベープマットを使っているのは私の部屋と、両親の部屋だけ。
「最後に残っていたベープマットを使ったのは、絶対に私ではない」
立証できないまま、今日にいたっています。



なんとかブログ掲載記事1,000件を目指しているんですが、
歳を重ねるにつれ、書くという作業が億劫になって。
短文でもよし、間隔を空けてでも小まめに、を念頭に引き続き頑張りたい所存です。
posted by 貞吉 at 10:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

あなたバカですか? 2

多少、作りましたが、ほぼ実話です。
ネットでの社労士受験の寄せ書きで、質問者に対し答える講師がキレました。
「あなたバカですか」という発言はなかったのですが、
そう言いたい気持ちがありありと感じられる応酬でした。

会員になった方がパスワードを入力し質問できる、そんな講座なのかもしれません。
善意かあるいは宣伝なのか、ネットで公開されていたのです。

ちなみに質問は、
「戸籍抄本を就業に必要なため取得するときは無料となる自治体もあります」
講義本文ではなく、どうでもいい最後の添え書きに喰いついたものでした。


【質問者】
戸籍抄本を就業に必要なため取得するときは無料とありますが、
この無料っていうのは市役所の窓口で戸籍抄本を取っても、
お金を取られないということではないですよね?

【講師】
それ以外に、どういう意味があると思われての質問でしょうか?
(穏やかな物言いではありますが、フツフツとした怒りが伝わってきます)

【質問者】
誰かが取得した戸籍抄本を、例えば会社側が受け取るときは、
無料といういう意味なんでしょうか?

【講師】
おっしゃっている意味が私にはさっぱり分かりません。
あなたは日本語がお分かりになる方なのでしょうか?
ちなみに、あなたと全く同じ内容の質問を前にされた方がいました。
そのとき、私は長々とご説明したはずですが。
(その時のやるせなさと怒りがよみがえってしまったようです)

【質問者】
すいません。先生のおっしゃるとおりです。
日本語がつたないと多くの友人から言われています。


この発言以降、講師の発言は何もありませんでした。
そりゃあそうでしょう。
「日本語がつたないと多くの友人から言われています」
これに対して何か返事をしないと、そう思ったとしても何も浮かんでこないはずです。
深い溜め息をついてから、ノートパソコンを閉じたと思われます。

質問者もおとなしく引き下がったようでした。


「先生、返事をいただいてないままなんですけれど。
ところで私が住んでいる市役所は、お金を請求してきました」
後日、こんな再訪があったのかもしれません。

こんな質問というかコメントというか、その講師が目にしたとしたら。
「おまえはバカか!
おまえがどこに住んでるのか、どんな形で申請したのか、そんなこと知らねぇよ!」
パソコンを床に叩き付け、獣じみた奇声を発しながら、暴れまくることでしょう。


ちなみに上述の他、
年金の申請、死亡の届出、手当や給付金の申請など、
公的機関から求められた添付書類として交付申請する場合、
戸籍に関する証明、住民票など無料となる自治体が多いようです。
無料とならない自治体もありますので、財布を忘れずに申請手続に行ってください。
「すいません、こういう場合の申請はタダですか?」
窓口で露骨に聞くのは、ためらわれると思います。
使用目的、提出先をきちんと記入して申請するのがよろしいかと。
posted by 貞吉 at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

恥知らず

「川で溺れかかっていたおバアちゃんをとっさに救った若者。
その若者を番組スタッフが、一生懸命に探してまいりました。
どうぞ登場です。 おバアちゃん、この方に間違いありませんか?」
「そうです、そうです、この方です。私の命の恩人です」
「間違いないですね」
「間違えるわけがないじゃないですか。はっきりと覚えてますとも」
「実は、こちらのおバアちゃんは、某一流企業の社長のお母様でして、
探し出して、どうしても御礼がしたい。そんな依頼を番組に寄せていたんです」
もし、こんなお節介なテレビ番組があって、こんな内容だったらの話なんですが、
番組終了後に1本くらい、恥知らずから電話がかかってくると思うのです。

「番組に出ていたおバアちゃんを本当に救ったのは私なんです」

いますよね、こういう照れを知らないというか恥知らずの人って。
人は、予想だにしない言動に対して、呆れるを通り越して度肝を抜かれます。

この場合、当事者2人が対面して、互いに確認しあっているわけです。
第三者が割り込む余地は全くないし、有り得ない。誰も考えもしないことです。
にも係わらず、こうした度肝を抜くようなことを言ってのけるヤツが出てくるんです。

実は私の家にも誰とは言いませんが1人、似たりよったりの人がいます。
「お母さん、そういう明らかな嘘をついて照れませんか?」
そう聞いてみたいです。そういう機会は何度も何度もあるのに、聞けずじまいです。

だから私、こういうことを言える人に会って、インタビューをしてみたいんです。
「さすがに無理かなぁ、なんて少しも考えなかったんですか?」
「ひょっとしたら、少しくらい御礼をもらえるかもしれないと思ったわけですか?」
「本当はこの私だ、と言い出すとき、相当に勇気が必要だったと思うんですが?」
「恥ずかしい、照れる、そういった感情は普段から持ち合わせてないんですか?」
責めるわけではなく、ただ、ただ、本心から素直に聞いてみたい、そう思うのです。


他にも、様々な恥知らずがいると思われます。
木村拓也様と書かれたテレビ局の控室に、木村拓也さん本人が入ります。
すると、見知らぬ男が椅子に座って弁当をガツガツ食べている。
「………誰? ねぇ、あんた何? 何してんの?」
「………俺、木村。 木村拓也。弁当食ってんだけど、なにか?」
「………っていうか、有り得ないでしょう。本人がここにいるんだし」
「あんたこそ、人の控室に突然入ってきて、誰ですか?」
「あのぉ、ワケが分からないんですけど。やめにしてくれません?」
そもそも、こういう会話が成立するのは、周囲に何人かいて、
「あれれれ? どっちが本当の木村拓也さんなんだ」
騒ぎになってこそだと思うのです。
周りに誰もいなくて、本人を前にして、本人のふりをしても意味ありません。
いくら「私こそが」と言い張ったところで、勝ち目はまったくないと思われます。
「っていうか、顔も似てねぇし、年も背も髪型もまったく似てねぇじゃん。
木村拓也ですって、おたく、照れませんか? こっちが恥ずかしいんですけど」
「………………」
「っていうか、あれでしょう。お腹が空いてたんでしょう。弁当が欲しかったんだよね。
いいよ持って行って。大げさにしないから、弁当持って早く出てってよ」
こういったタイプの恥知らずも、世の中には絶対に存在するはずです。
開き直りっていうか、ここまできたら押し通すしかない、といったタイプです。
北朝鮮、中国、韓国、彼らは平然とやってのけていますし、絶対にいるはずです。


さて、最後の恥知らずは実話です。ニュースでも取り上げられていました。
『兵庫県尼崎市に住む50歳代とみられる韓国人男性が、
養子縁組をしたという554人の自分の子どもについて、
子ども手当、年間額約8600万円の受給申請のため、
同市の窓口を訪れていたことが分かりました。
この男性は、海外に住む子どもへの送金証明書や、
面会していることを裏付けるパスポートのコピーなど、
その他、外国人に求められる添付書類を全てそろえており、
事前に受給手続き、必要書類を詳細に調べてきた様子がうかがえました。
市の担当者は「可能ならもらおうという強い意欲を感じた」と話しています』
申請するにあたり相当な時間と手間と費用がかかったと思うんです。
「もらえるかもしれない」では到底、行動に移せなかったでしょう。
「絶対にもらえるはずだ」
強い信念を持った、ちょっと尊敬に値する恥知らずと分類されます。
posted by 貞吉 at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

避難勧告

台風26号による土砂災害で多くの被害者を出してしまった伊豆大島。
「なぜ、大島町は避難勧告を発令しなかったのか」
報道で取り上げられているようですが、難しい問題だと思います。

京都、滋賀、福井を襲った、9月中旬の台風18号のときも、
「なぜ、大雨特別警報を市民に周知しなかったのか」
京都府と滋賀県の一部の市、町が非難されたばかりです。
当時も大島町と同様に「夜間避難に伴う住民の混乱と危険」が、
非難された市、町の言い訳というか、申し開きとしてありました。

夜中だったのか、朝方だったのか知りませんが、確かに寝ている時に、
「ただちに、自分の命を守る行動を取ってください」
「ただちに、避難行動を取ってください」
この連呼で目を覚ますことになったら、パニックというか混乱をきたします。
「なんだ、なんだ。一体、何が起きているんだ」 慌てふためくことでしょう。

かと言って、避難状況の説明をだらだらされても、
「皆様、こんばんわ、と申しましょうか、お早うございます、と申しましょうか、
ご就寝中にお騒がせしまして大変申し訳ありません。
この雨で川の水位が、ちょっと危険な状況になってまいりました。
市の職員の中には、まだ大丈夫だという意見も少なからずあり、
この段階で避難を勧めると、あとから皆様から必要なかっただろう、
そんなご意見をいただくことになるやもしれません。
ですので、皆様におかれましては、避難されるか、あるいは避難の準備を」
状況の詳しい説明を車の拡声器から聞かされても、
車は移動しているので、一部しか聞き取れないかもしれません。
防災無線で、こんなまったりとした口調の説明をされても聞く耳をもたないでしょう。


避難の指示を出したら出したで、
結果論として、避難する必要もなかったのに、いたずらに市民の不安を煽った。
出さなかったら出さなかったで、
結果論として、避難を呼びかけていたら、こんなに多くの被害は出なかった。
行政の判断は難しいと思うのです。
タイミングの問題もあります。「なんでもっと早く出さなかった」という声もあがります。

今後、市町村の対応として傾向的に、
市民から、避難する必要なんかなかったと後で小言を言われることになっても、
万全を期したということで、いち早く非難を促した方が風当たりが少なく済む。
そんな形になっていきそうな気がします。
そうなると、市民は雨が降るたびに避難準備で大忙しになることでしょう。


伝える相手が身内で、実際に危険が差し迫っている状況だったら、
「起きろ! すぐ逃げろ!」
「何も聞かずに、すぐ逃げろ!」
土砂崩れがおきそうだとか、川が氾濫したとか、テポドンがこっちに向かってるとか、
そんな状況を説明する時間さえ惜しいという場合、
こうするべきなんでしょうし、こう言うのが普通だと思います。
しかし、家族だから伝わることなのかもしれません。
この人は、私の命の安全を第一に考えてくれている。
そんな信頼関係があるからこそ、素直に従ってくれるのかもしれません。
同じ言葉を行政機関が使えるかどうかは分かりませんが、
「どうせ後から文句を言われないように、早めに避難しろって言ってるんじゃないの」
そう捉えられてしまう部分もなきにしもあらずです。
こういう捉え方をするヤツが、逃げ遅れて迷惑をかけているんでしょうけれど。



さて10年ほど前、地震の直後に実際にあったテレビの報道なんですが、
まず、アナウンサーの表情というか気配ですが、非常に落ち着いていました。
落ち着いているってことは、テレビを見ている我々を安心させてくれるわけです。
「津波の到達が予想されます。津波は約5分後に到達する予定です」
津波って言葉を使ったけれど、慌てなくていいですからね。
あえて、淡々とゆっくりと言っている姿が、視聴者を一層落ち着かせます。
「お〜い、母さん。津波が来るんだってよ。テレビで言ってるぞ」
食器を洗っている奥さんも、そのご主人の言い方から、
大したことはないなと察するわけです。
「あらま、それは大変ですね」
台所から臨むことができる海の方をチラッと見ながら返事したのでしょう。
そのアナウンサーが、次に言ったのは、
「5分後に到達が予想される津波の高さですが、高いところで約50mと予想されます」
まるで、「明日の天気は曇りでしょう」くらいのトーンでしたので、
テレビを見ていた皆様は、相当に面喰らったと思います。
実際私も、聞き間違えたのではないかと思いました。
しかし、アナウンサーは相変わらずの落ち着き払った口調で繰り返したのです。
「海には近づかないでください。津波の高さは、高いところで約50mと予想されます」
まちがいない! 確かに、50メートルと言った!

この後すぐに、50センチメートルの誤りでしたとの訂正があったのですが、
50メートルと2度も言われた、沿岸に住んでいる方たちは、
訂正されるまでの、ほんの一瞬をどんな気持ちで過ごしたのでしょうか。


会津若松は津波の心配はないし、山に囲まれているから台風の被害も少ない、
今のところ竜巻の発生もないし、住むぶんにはいい所なんだなと実感させられます。

大島で行方不明となっている方、早く生存という形で発見されればと願っています。
posted by 貞吉 at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする