2013年11月11日

あなたバカですか? 2

多少、作りましたが、ほぼ実話です。
ネットでの社労士受験の寄せ書きで、質問者に対し答える講師がキレました。
「あなたバカですか」という発言はなかったのですが、
そう言いたい気持ちがありありと感じられる応酬でした。

会員になった方がパスワードを入力し質問できる、そんな講座なのかもしれません。
善意かあるいは宣伝なのか、ネットで公開されていたのです。

ちなみに質問は、
「戸籍抄本を就業に必要なため取得するときは無料となる自治体もあります」
講義本文ではなく、どうでもいい最後の添え書きに喰いついたものでした。


【質問者】
戸籍抄本を就業に必要なため取得するときは無料とありますが、
この無料っていうのは市役所の窓口で戸籍抄本を取っても、
お金を取られないということではないですよね?

【講師】
それ以外に、どういう意味があると思われての質問でしょうか?
(穏やかな物言いではありますが、フツフツとした怒りが伝わってきます)

【質問者】
誰かが取得した戸籍抄本を、例えば会社側が受け取るときは、
無料といういう意味なんでしょうか?

【講師】
おっしゃっている意味が私にはさっぱり分かりません。
あなたは日本語がお分かりになる方なのでしょうか?
ちなみに、あなたと全く同じ内容の質問を前にされた方がいました。
そのとき、私は長々とご説明したはずですが。
(その時のやるせなさと怒りがよみがえってしまったようです)

【質問者】
すいません。先生のおっしゃるとおりです。
日本語がつたないと多くの友人から言われています。


この発言以降、講師の発言は何もありませんでした。
そりゃあそうでしょう。
「日本語がつたないと多くの友人から言われています」
これに対して何か返事をしないと、そう思ったとしても何も浮かんでこないはずです。
深い溜め息をついてから、ノートパソコンを閉じたと思われます。

質問者もおとなしく引き下がったようでした。


「先生、返事をいただいてないままなんですけれど。
ところで私が住んでいる市役所は、お金を請求してきました」
後日、こんな再訪があったのかもしれません。

こんな質問というかコメントというか、その講師が目にしたとしたら。
「おまえはバカか!
おまえがどこに住んでるのか、どんな形で申請したのか、そんなこと知らねぇよ!」
パソコンを床に叩き付け、獣じみた奇声を発しながら、暴れまくることでしょう。


ちなみに上述の他、
年金の申請、死亡の届出、手当や給付金の申請など、
公的機関から求められた添付書類として交付申請する場合、
戸籍に関する証明、住民票など無料となる自治体が多いようです。
無料とならない自治体もありますので、財布を忘れずに申請手続に行ってください。
「すいません、こういう場合の申請はタダですか?」
窓口で露骨に聞くのは、ためらわれると思います。
使用目的、提出先をきちんと記入して申請するのがよろしいかと。
posted by 貞吉 at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。