2013年09月09日

2020年オリンピック

猪瀬都知事を筆頭に、オリンピックを東京に招致すべく活動に、
日々奔走したスタッフの皆様、本当に心よりお疲れ様でした。
IOCスタッフの候補地訪問とか、ロビー活動とか、なくしちゃえばいいのに。
猪瀬さんなんて、最も苦手な分野ではないかと勝手に私は思っているので、
さぞかし疲れただろうなと想像するのです。
その分、喜んでいる姿を見ていたら、こっちもめちゃくちゃ嬉しくなってきました。

7年後です。
さて思うんですが、お年寄りの寿命がまた延びるんでしょうね。
本来なら4年後、平均寿命の80歳くらいで亡くなるであろうはずの方が、
「こりゃあオリンピックを見るまでは死ねなくなったぞ」
7年後まで頑張って生きてやる、そんなことを言いだしてきました。
「そんなことないですよ。気兼ねなく、適当な時期に、どうぞお亡くなりください」
さすがに言いたくても言えません。
テレビでも言っていましたが、オリンピックの開催までは、誰もが
取りあえず頑張ろう、そんな気持ちにさせてくれるものなんでしょうか。
そういった意味では、東京招致は良い出来事に分類されるのかもしれません。

福島の被災者の方が言っていました。
「目をオリンピックに向けず、被災地を見つめ続けて欲しい」
実は少なからず私もそう思っていたのですが、
オリンピックを招致する以上、世界各国からお客様を招く以上、
これ以上、福島を放っておくことは出来なくなるのではないでしょうか。
安倍首相も言い切っていました。
「福島は国がコントロールしている。安全です」
少なくともこの7年の間に、奇麗にケリを付けていただき、
被災者の方々も含め、日本全国の人が気持ちよく、
オリンピックの開会式の日をむかえることが出来ることでしょう。
まさか、「福島は国がコントロールしている。少なくとも東京は安全です」
そんな言い逃れのニュアンスを含めた発言じゃないだろうな。


ところで、
アニマル浜口親子、なんとかならないでしょうか。
個人的な好き嫌いで大変に恐縮なんですが、
この親子がテレビ画面に映ると、私はすぐに他局へ切り替えます。
生理的に受け付けないというか、どうも苦手なんです。
あのバカの一つ覚えと、意味もなく笑う人っていうのが私、好きではないのです。
娘はいつも煮え切らない言動と半笑いです。見ているのがつらくなってきます。
レスリングが生き残ったっていうことは、反面、
「野球・ソフト」、「スカッシュ」の競技が入れなかったということで、
それらのプレーヤーの気持ちを考えると、
いくらレスリングがメダルの宝庫であっても、手放しに喜ぶことはできません。
ケチくさいこと言わずに3つとも加えてあげればいいのにと思います。
開催国の権限で、そういうことは出来ないものなんでしょうか。
posted by 貞吉 at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。