2013年09月02日

ケンタッキー F・C

ケンタッキー・フライド・チキン。
私が最近、はまっているのが昼のセットメニューです。
ランチBOXといって、4種類ほどの組み合わせからチョイスするのですが、
この中の「ハンディサラダBOX」がお気に入りになっちゃったのです。

オリジナルチキン1個+ハンディサラダ+ドリンクM。 500円。
ということで、1週間に1回はチキンを食べていることになります。

チキンは、もう1個食べたいなと思う程度がちょうどいいのです。だから1個で充分。
私が気にいったのはサラダなんです。適度な歯ごたえと、ほどほどなボリューム。
健全な男性なら、チキン1個にサラダだけでは腹は満たされないと思いますが、
健全ではない私には、まだ暑いと言うこともあり、これでちょうどいいのです。

さて、サラダについては何も文句を言うことはないのですが、問題はチキンです。
ファミマで売っているチキンは、不思議なくらい統一的な大きさなのですが、
ケンタッキーのチキンは、部位によって形、大きさが異なり、様々なのです。
人それぞれ好みがあるのでしょうが、ドラムと言うのでしょうか、私は、
子どもが好むような、手に持ちやすい形の部位のチキンは好きではありません。
私が好きなのは、おそらくアバラの部分だと思いますが、
ベタッと骨があって、その骨にまんべんなく肉がベタッと付いてる部分です。
非常に食いづらく、手がヌルヌルのギタギタになるのですが、
食うのに手間がかかる分、食った気分になれるのです。
しかし、ご存知のようにケンタッキーのチキンは部位を指定することはできません。
店が出してきた物を、素直に受け取るしかないのです。

6ピースパックを買うと非常に分かりやすいのですが、
2個くらいが手に持ちやすい部位が入っていて、
そして1個くらいは、非常に小さなサイズの物が入っているのです。

「これも1個って数えていいんだろうか。客からクレームこないか?」
チキンをさばく工場で、こんな会話があってもおかしくない部位があるのです。

「おい、見てみ。これとこれ、並べるとホラ、3倍くらいの量の違いがあるそ」
6個のうちの1個なら、まだ許せる気持ちも持てるってもんです。
しかしです。ランチBOXのように、チキンが1個しかない場合で、
こんなヤツが箱の中にいるのを見つけたら……私、セコイのかもしれませんが、
そりゃあもう、めちゃくちゃ腹が立ってくるんです。
「おうおう、なんだこれ? 鼻くそを少し大きくしただけじゃねぇか。
あぁ? これも1個なのか? これも1個だとあんたらは照れずに言えるんかい!」
文句を言ってやろう、そんな衝動を抑えるのに大変な労力を使うんです。
午後の4時くらいまで、気分がすぐれないままになります。
どうなんでしょうか、実際に文句を言いに来た客っているんじゃないでしょうか。
「あの人よ、ほらこの間、チキンが小さいって店内で暴れた人よ」
二度と買いに行けなくなってしまうかもしれません。



さて、毎月28日はKFCのニワトリの日。お買い得キャンペーンの日です。
このキャンペーンの日に買うのは初めてでしたが、行ってきました、買いに。

車のウィンドウを下げて、ドライブスルーのマイクに向かって注文しようとしたら、
そのマイクの後ろの小さな茂みに、おっさんが1人立って、
ニタニタ笑いながら、こっちを見てるじゃありませんか。
「気色悪いオヤジだな」 
目が合わないようにして、マイクに語りかけようとしたら、
「お客さん、ご注文はオリジナルチキンの予定ですか?」
「ええ、そうですけど」 
店員だったようです。店長だったのかもしれません。
「あいにく、本日は商品がチキンだけに飛ぶように売れてしまいまして、
ただいま品薄で、仕上がりに30分ほどかかりますが、それでもよろしいですか」
変な愛想笑いを浮かべながら、じーっと私の顔を見ているんです。
品薄ってなんだ? 30分待てばできるって、今、鶏をさばいているのか?
それとも配送車待ちか? 30分もすれば届けられるってことか?
それにしたってキャンペーンの日にメインの商品がないってどういうことだ?
利益還元になるので、1日の1店舗の売り上げが制限されているとでも?

こんなことを少し腹を立てながら1人で考えていたので、
目の前に突っ立ていたオヤジを完璧に無視していました。

「それでも、よろしかったら注文をお受けいたしますが」
再度言ってきたのですが、オヤジの顔をじーっと見つめながら、
しかし無言のままウィンドウをスルスルと上げ、
何を返答することもなく、店を後にしたのでした。

なんかしゃべれよ、不気味なヤツだなと、あの親父は思ったことでしょう。
なんかしゃべり出したら、止まらくなっちゃいそうだったので自己制御です。
でも、看板商品の品切れをヘラヘラ笑って言うのは、いかがなものかと思うのです。
posted by 貞吉 at 23:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。