2013年05月31日

本人の自覚ゼロ

自分のやった非難されるべき行為を、全く理解できていない人っています。
理解してないから、反省する気持ちなんて、さらさら無いんです。


本屋が万引き防止のため、究極の策を打ち出します。
「当店で万引きをしようとした者は、謝罪として1万円を支払っていただくか、
店頭に私は万引きをしようとしましたと顔写真を貼らせていただくか、
いずれかをご自身で選択をしてもらうことになります。万引きは絶対にやめましょう」

早速、万引きをしようとした主婦を事務所に連れて行き、選択を迫ります。
「どうしますか。1万円払いますか、それとも今撮影させてもらった、
あなたの顔写真を、万引き犯ですと点頭に貼り出しますか、どっちにしますか」
「………1万円なんて払いたくないです」
「じゃあ、顔写真を店頭に貼り出します。構いませんね」
「それはイヤです。だって私、1万円の本を盗ろうとなんてしていません。
私が盗ろうとしたのは1,500円の本です。
1万円も払うくらいなら、最初から1,500円出して買うに決まってます」
「………あなた、自分のやったこと、分かってますか?
あなたの言う理屈は、そのまま、こっちのセリフなんですよ。
1万円も払いたくないのなら、最初から1,500円出して、
ちゃんと買えばよかったんですよ。違いますか」
「でも………この1,500円の本を1万円で買えってことですよね」
「………いいえ違います。1万円払っても、この本をあなたに進呈なんかしません。
あなた、根本のところで、何か勘違いしてませんか。分かってないですよね。
あなたは万引き犯なんですよ。犯罪者なんです」
「私、万引きなんてしていません」
「はぁ? だってあなた、この本をこっそり自分のバッグにしまって、
お金を払わずに、店から出て行ったじゃないですか」
「はい、それは認めます。だから私は万引きをしようとした者なんです。
万引きをしようとしたけれど、出来なかった。万引き未遂ってことですよね」
「あのね、まんまと持ち去ることができた場合を万引き、じゃあないんですよ。
世間では金を払わずに店から一歩出た場合を万引きと言っているんです」
「………なんだか、おかしな理屈ですね」
「………あなたたちの仲間で、どういう解釈をしてるかなんて、私は知りません。
世間一般では、さきほど言ったことが万引きということになるんです」
「それに、1万円払えとか、写真を貼り出すなんて、全く知りませんでした」
「店の入り口に、思いっきり貼ってあるじゃないですか。
大きな文字で書いてありますよね。見えませんでしたか」
「そうかもしれませんが、私は全く気がつきませんでした。
未遂なんですから、1万円を2,000円にまけてくれてもいいんじゃないでしょうか」
「もう、いいです。なんだか、あなたと話していたら疲れてきました。
………反省もしてないようですし、警察でも呼びましょうかね」
「ダメです。それは困ります。だって、表の張り紙に書いてなかったじゃないですか。
1万円払うか、写真を貼り出すか、この2つだけだったはずです。
警察を呼ぶかなんて、どこにも書いてなかったじゃないですか」
「ちゃんと、張り紙を見てたんですね」
「警察を呼んだりしたら、逆に訴えますよ」
「………私の何を、どこを訴えるんですか」
「万引きをしようとしたことを世間にばらされたくなかったら、
この本を1万円で買えっていう脅しです。脅迫だと思うんですけど」
「………もういいです。お帰りください。
万引きがなくなるよう見せしめとして、あなたの写真を貼り出すことにします。
1万円払わないんだから、いいですよね。あなたの写真を貼り出しますからね」
「………どうぞ。私は写真を貼られて困るようなことは何一つしていませんから」
「だから………やれやれ、困った人だ。 どうぞ、とっとと早く帰ってください。
そして二度と私の店には来ないでください。分かりましたね。
あっ、ダメですよ。なんで、その本を持ち帰ろうとしてるんですか」

通じない相手には、何を言っても無駄です。
本当にいるんだろうな、こんな人。
できれば出会うような機会がないことを祈ります。精神を著しく壊されます。



予定外の帰宅。寝室のドアを開けると、自分の妻が見知らぬ男とベッドに。
元モー娘の矢口真里さん、やっちまったそうですね。
果たして彼女は自分の非難されるべき行為を自覚し、反省しているのでしょうか。
もし後日、記者会見を開いた場合、
「私の思慮のない軽率な行動が、夫の誤解を招いてしまったのかもしれません。
今となっては手遅れですが、本当に反省をしております」
こんな、おバカなことだけは言わないでくださいね。
「現場を見せられた亭主の、どこに誤解が生じる余地があるんだよ!
誤解も何も事実そのもので現行犯だろうが! 本気で反省しやがれ!」
世間から再度、集中砲火を浴びることになります。
posted by 貞吉 at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。