2005年04月29日

会津風雅堂

会津風雅堂は比較的新しく建てられたもので、音楽コンサートをはじめ様々なイベントが行われています。
この風雅堂が出来るまでは会津市民会館というところが会津のメイン文化ホールでした。
しかし、会津市民会館はひどかったですねぇ(って、ドキッ、まさかもうやってないよなぁ)。
椅子なんて惨憺たるもんで、バネが自ら主張していたくらいです。
バネでーす。渦を巻いてまーす。渦の先っぽはここでーす。ヘタすると飛び出しまーす。注意してくださーい。
風雅堂の完成はそういう意味で「やっと出来たか」が市民の多くの声だったはずです。

以前、よその地方都市で日野皓正のコンサートに行く機会がありました。
地元商工会の主催だからか、ジャズコンサートなのに会場はお年寄りの方たちが半分を占めていました。
今思うに、日野皓正を日野照子(古っるぅー)と勘違いして来られたのかもしれません。
ステージが終わっても誰もアンコールの拍手をしません。何故か自分がハラハラしたのを覚えています。

会津は違います。盛り上がっております。B'zまで来ちゃうんですから立派なもんです。
しかし小田和正のコンサートに行った時は、なんでこんなに盛り上がるわけ?と少々げんなりしました。
正直に言ってオフコースの頃の曲も含め、静かにじっくりと聞きたかったわけです。
なのに、ちょっとアップテンポの曲になると、皆して、すくっと立ち上がり手拍子の嵐です。
座っている私としては、そうやって前に突っ立っていられると相当うっとうしいですし、やかましいです。
別に小田和正の姿が見えなくても構いませんが、あんたのお尻を見に来たわけじゃないんです。
小田和正も何曲目かに始めた演奏を一旦止めて言いました。「すいません、この曲に手拍子は要りません」
その言葉に思わず私、拍手喝采してしまいました。(お互いに手拍子や拍手をする状況判断を養いましょうね)

1階の後ろの方の席は音が少し割れるような気がします。
それなら2階の最前列の方がいいかも知れません。
立ち上がった前のお姉ちゃんの大きなお尻を見なくて済むし。
posted by 貞吉 at 17:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ ココふぉれダックスのMegです。
>しかし、会津市民会館はひどかったですねぇ(って、ドキッ、まさかもうやってないよなぁ)。
>椅子なんて惨憺たるもんで、バネが自ら主張していたくらいです。
“バネでーす”にまたまた爆笑してしまいました。
そのバネでーすの市民会館で、高校時代3回の定期演奏会をしましたし、
http://ch.kitaguni.tv/u/3515/%b2%bb%b3%da/%a5%c1%a5%e5%a1%bc%a5%ea%a5%c3%a5%d7/%ba%e2%c4%c5%cf%c2%c9%d7/0000113603.html
いろんなコンサートに行った思い出があります。
会津風雅堂の小田さんのコンサートは行きそびれてしまいましたけど(⌒_⌒)

>小田和正も何曲目かに始めた演奏を一旦止めて言いました。
>「すいません、この曲に手拍子は要りません」
僕も、小田さんの言葉に拍手してしまいました。
じっくり聴くべき時はじっくり聴くのがホントのFanちゅうもんだべね(⌒_⌒)
Posted by Meg at 2005年04月30日 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3217868

この記事へのトラックバック