2016年12月24日

オリジナルチキン2つでいいんです

 ケンタッキーフライドチキンへ買いに行かされてきました。
 オリジナルチキン6ピース。骨なしチキン3ピースが私のお目当てです。
 いざ着くと、さすがに当日売り窓口並んでいます。
 予約窓口の方はお客さん1人もいないので、臨機応変に、当日売りへ対応すればいいのになんて思ったのでした。
「お待たせいたしました。お客様はどちらの商品をお求めですか」店員が聞いてきます。
「オリジナルチキン6ピースと骨なしチキン3ピース」と答えたところで、
「いいえ、本日はSパック(2,690円)、Bパック(2,750円)、ペアパック(2,290円)のみの販売となります」
「えーっ? 好きじゃないナゲットを10個も無理やり押し付けられてもなぁ」
「本日はオリジナルチキンが不足しておりますので、このような形での販売になります。
 申し訳ございませんがご協力ください」
 言っている意味がわかりませんでした。
 オリジナルチキンが不足って、ちゃんと売ってんじゃん。
 そうか、オリジナルチキンだけ売ってしまうと、ナゲットが大量に余ってしまうのだよ、そう言いたいわけか。だったら、最初にナゲットが余らないように作ればいいだけのことじゃん。
 はい、はい、わかってます。
 クリスマスは抱き合わせで、何がなんでも客単価を上げにかかってきてるわけですね。
 しょうがないので「じゃあSパックをください」と言ったそのとき、後ろに並んでいた老夫婦が店員に詰め寄ります。
「あのぉ、私たち老夫婦なんで、オリジナルチキン2つで充分なんです。売っていただけないんでしょうか」
 ごもっとも。いろいろな家族構成があるわけです。
 老夫婦が、オリジナルチキン2ピースを求めに来ているのに、
「だったらオリジナルチキン2ピースとチキンテンダース4本とチキンナゲット5個、バーべキューチキン1つが入っているペアパックはいかがでしょう」と言うのか?
 むごい。思わず「売ってあげようよ。常識的に考えて、他の客も文句言わないし、売ってあげたら」と言ってしまいそうでした。
 最近、こういった発言をすると、思わぬ反発を買い、痛い目にあうケースが多くあり、おじいちゃん、おばあちゃん、私、ビビリで店員に何も言えないで、ごめんなさい。
 結局、Sパックを受け取るのに15分ほどその場で待たされたのですが、おじいちゃん、おばあちゃんもその場を離れず、違う店員を捕まえて、再度、交渉を繰り返していました。

 う〜ん、なんだかなぁ。と思うだけです。

 待たされている間に気が付いたのですが、オリジナルチキンは6ピース必要だったのです。でも、Sパックに入っているオリジナルチキンは5ピースだけ。
 Sパックに、オリジナルチキン1つ追加はできないのか、聞こうと思ったのですが、
「だったらオリジナルチキン2ピースとチキンテンダース4本とチキンナゲット5個、バーべキューチキン1つが入っているペアパックをお求めになられてはいかがでしょうか」
 そう言ってきそうな気配でしたし、また混雑していたので、自分が食べなければそれで済むことと思い、諦めました。

 なんで、ペアパックなのに、バーべキューチキンは1つなの? ナゲットも割り切れない5個なの?
posted by 貞吉 at 18:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする