2013年10月09日

あなたバカですか?

「あなた、バカですか?」
よっぽど言ってやろうかと思ったのですが私は大人です。
大人が大人に対して気軽に使っていい言葉だとは思えません。
ですので、そこはグッとこらえるしかなかったわけです。


「あなた、バカですか?」 そういった意味合いの言葉を平気な顔で言う人はいます。
でもそれは、上司が部下の仕事ぶりに対しての言葉だったり、
あるいは、日常の会話の中で冗談交じりに言う場合がほとんどだと思われます。

「あなた、バカですか?」
そんな言葉を到底口にするはずがない、あるいは口にできるはずがない、
そういう立場や職業に就いている人もいるわけです。
もしもです、そんな立場にいる人が、
「あなた、バカですか?」 思わずこの言葉を発してしまったという場合、
周囲の者は、その発言をどう捉えるでしょうか。

一般的に考えれば、「それは言ってはならない言葉じゃないんですか?」
非難の声があがるものと思われます。
しかし、たとえば部下が上司に向かって言ってしまった場合、周囲の者は、
「あいつがそんなことを部長に言ったのか? 本当に?
いきさつは知らないけど、よっぽど理不尽なことを言われたんじゃないのか」
おそらく、「言われた上司が、目に余るほどのバカなことを言ったんだろう」

本来なら「バカですか?」と言った部下は、皆から非難されるはずなのに、
思わず言ってしまったに違いない、きっとそんな状況に追い込まれたんだろうと、
非難どころか同情を示すのではないかと思うのです。


古い記事からの引用になりますが、裁判官が被告に対して言ったそうなんです。
「あなた、バカですか?」
その発言の前に、この被告と、どんなやりとりがあったのかは知りません。
知りませんけれど、裁判官はまさかそんなことは言わないだろうと、
我々は思っているわけです。
絶対にそんな言葉を使うはずがないだろう裁判官が言ったということは、
よっぽどイライラして、あまりもの被告のバカさ加減に、
つい、口から出てしまったんだなと理解します。
またそう思うので、事情も知らないのに裁判官に同情するのです。
この裁判官の発言が許されるのか、許されないのか、そんな次元ではなく、
「詳細は知りませんが、裁判官、あなたの気持ち、痛いほど分かります」
世間の多くの人は思ったのではないでしょうか。

おそらくの想像ですが、
「紙に火を点けたら燃える。こんなことは子供で分かることですよね。
そういった行為をあなたは実際にしたわけです。
それなのに、あなたは予測できないことだったと言い張るのですか?」
「その時の私は、まさかこんな事態になるとは考えませんでした」
「もう一度言います。紙に火を点けたら燃える。このレベルのことなんですよ」
「でも、紙に火を点けたら絶対に燃えるとは言い切れないんじゃないですか?」
こんなやりとりがしばらく続いた後に、
「あなた、バカですか?」の発言になったのだと推測します。


身近でも、似たような事態は起きているのかもしれません。

市が設置している消費者相談窓口。
「50万円渡せば100万円になるって言われたんですよ。普通、渡しちゃいますって。
だって、こんなに利回りのいい商品は他にはないんですから」
「いや、そんなにおいしい話なら、少しは疑って」
「あれ? なんだか、だまされた私も悪いみたいな言い方をするんですね」
「いえ、どんな場合でもだまされた方が悪いなんて私は言いませんけれど」
「こんなにおいしい話、誰だって飛びついちゃいますよ。違いますか?」
この後も、ながながと自分の正当性を繰り返し続けられたら、相談員も切れます。
「あんたが、バカだからなんだよ!」

しょうがないと思います。
こちらの許容を遥かに超える人の存在、それはコミュニケーションの不成立です。
posted by 貞吉 at 19:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする