2013年10月09日

あなたバカですか?

「あなた、バカですか?」
よっぽど言ってやろうかと思ったのですが私は大人です。
大人が大人に対して気軽に使っていい言葉だとは思えません。
ですので、そこはグッとこらえるしかなかったわけです。


「あなた、バカですか?」 そういった意味合いの言葉を平気な顔で言う人はいます。
でもそれは、上司が部下の仕事ぶりに対しての言葉だったり、
あるいは、日常の会話の中で冗談交じりに言う場合がほとんどだと思われます。

「あなた、バカですか?」
そんな言葉を到底口にするはずがない、あるいは口にできるはずがない、
そういう立場や職業に就いている人もいるわけです。
もしもです、そんな立場にいる人が、
「あなた、バカですか?」 思わずこの言葉を発してしまったという場合、
周囲の者は、その発言をどう捉えるでしょうか。

一般的に考えれば、「それは言ってはならない言葉じゃないんですか?」
非難の声があがるものと思われます。
しかし、たとえば部下が上司に向かって言ってしまった場合、周囲の者は、
「あいつがそんなことを部長に言ったのか? 本当に?
いきさつは知らないけど、よっぽど理不尽なことを言われたんじゃないのか」
おそらく、「言われた上司が、目に余るほどのバカなことを言ったんだろう」

本来なら「バカですか?」と言った部下は、皆から非難されるはずなのに、
思わず言ってしまったに違いない、きっとそんな状況に追い込まれたんだろうと、
非難どころか同情を示すのではないかと思うのです。


古い記事からの引用になりますが、裁判官が被告に対して言ったそうなんです。
「あなた、バカですか?」
その発言の前に、この被告と、どんなやりとりがあったのかは知りません。
知りませんけれど、裁判官はまさかそんなことは言わないだろうと、
我々は思っているわけです。
絶対にそんな言葉を使うはずがないだろう裁判官が言ったということは、
よっぽどイライラして、あまりもの被告のバカさ加減に、
つい、口から出てしまったんだなと理解します。
またそう思うので、事情も知らないのに裁判官に同情するのです。
この裁判官の発言が許されるのか、許されないのか、そんな次元ではなく、
「詳細は知りませんが、裁判官、あなたの気持ち、痛いほど分かります」
世間の多くの人は思ったのではないでしょうか。

おそらくの想像ですが、
「紙に火を点けたら燃える。こんなことは子供で分かることですよね。
そういった行為をあなたは実際にしたわけです。
それなのに、あなたは予測できないことだったと言い張るのですか?」
「その時の私は、まさかこんな事態になるとは考えませんでした」
「もう一度言います。紙に火を点けたら燃える。このレベルのことなんですよ」
「でも、紙に火を点けたら絶対に燃えるとは言い切れないんじゃないですか?」
こんなやりとりがしばらく続いた後に、
「あなた、バカですか?」の発言になったのだと推測します。


身近でも、似たような事態は起きているのかもしれません。

市が設置している消費者相談窓口。
「50万円渡せば100万円になるって言われたんですよ。普通、渡しちゃいますって。
だって、こんなに利回りのいい商品は他にはないんですから」
「いや、そんなにおいしい話なら、少しは疑って」
「あれ? なんだか、だまされた私も悪いみたいな言い方をするんですね」
「いえ、どんな場合でもだまされた方が悪いなんて私は言いませんけれど」
「こんなにおいしい話、誰だって飛びついちゃいますよ。違いますか?」
この後も、ながながと自分の正当性を繰り返し続けられたら、相談員も切れます。
「あんたが、バカだからなんだよ!」

しょうがないと思います。
こちらの許容を遥かに超える人の存在、それはコミュニケーションの不成立です。
posted by 貞吉 at 19:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

避難勧告

台風26号による土砂災害で多くの被害者を出してしまった伊豆大島。
「なぜ、大島町は避難勧告を発令しなかったのか」
報道で取り上げられているようですが、難しい問題だと思います。

京都、滋賀、福井を襲った、9月中旬の台風18号のときも、
「なぜ、大雨特別警報を市民に周知しなかったのか」
京都府と滋賀県の一部の市、町が非難されたばかりです。
当時も大島町と同様に「夜間避難に伴う住民の混乱と危険」が、
非難された市、町の言い訳というか、申し開きとしてありました。

夜中だったのか、朝方だったのか知りませんが、確かに寝ている時に、
「ただちに、自分の命を守る行動を取ってください」
「ただちに、避難行動を取ってください」
この連呼で目を覚ますことになったら、パニックというか混乱をきたします。
「なんだ、なんだ。一体、何が起きているんだ」 慌てふためくことでしょう。

かと言って、避難状況の説明をだらだらされても、
「皆様、こんばんわ、と申しましょうか、お早うございます、と申しましょうか、
ご就寝中にお騒がせしまして大変申し訳ありません。
この雨で川の水位が、ちょっと危険な状況になってまいりました。
市の職員の中には、まだ大丈夫だという意見も少なからずあり、
この段階で避難を勧めると、あとから皆様から必要なかっただろう、
そんなご意見をいただくことになるやもしれません。
ですので、皆様におかれましては、避難されるか、あるいは避難の準備を」
状況の詳しい説明を車の拡声器から聞かされても、
車は移動しているので、一部しか聞き取れないかもしれません。
防災無線で、こんなまったりとした口調の説明をされても聞く耳をもたないでしょう。


避難の指示を出したら出したで、
結果論として、避難する必要もなかったのに、いたずらに市民の不安を煽った。
出さなかったら出さなかったで、
結果論として、避難を呼びかけていたら、こんなに多くの被害は出なかった。
行政の判断は難しいと思うのです。
タイミングの問題もあります。「なんでもっと早く出さなかった」という声もあがります。

今後、市町村の対応として傾向的に、
市民から、避難する必要なんかなかったと後で小言を言われることになっても、
万全を期したということで、いち早く非難を促した方が風当たりが少なく済む。
そんな形になっていきそうな気がします。
そうなると、市民は雨が降るたびに避難準備で大忙しになることでしょう。


伝える相手が身内で、実際に危険が差し迫っている状況だったら、
「起きろ! すぐ逃げろ!」
「何も聞かずに、すぐ逃げろ!」
土砂崩れがおきそうだとか、川が氾濫したとか、テポドンがこっちに向かってるとか、
そんな状況を説明する時間さえ惜しいという場合、
こうするべきなんでしょうし、こう言うのが普通だと思います。
しかし、家族だから伝わることなのかもしれません。
この人は、私の命の安全を第一に考えてくれている。
そんな信頼関係があるからこそ、素直に従ってくれるのかもしれません。
同じ言葉を行政機関が使えるかどうかは分かりませんが、
「どうせ後から文句を言われないように、早めに避難しろって言ってるんじゃないの」
そう捉えられてしまう部分もなきにしもあらずです。
こういう捉え方をするヤツが、逃げ遅れて迷惑をかけているんでしょうけれど。



さて10年ほど前、地震の直後に実際にあったテレビの報道なんですが、
まず、アナウンサーの表情というか気配ですが、非常に落ち着いていました。
落ち着いているってことは、テレビを見ている我々を安心させてくれるわけです。
「津波の到達が予想されます。津波は約5分後に到達する予定です」
津波って言葉を使ったけれど、慌てなくていいですからね。
あえて、淡々とゆっくりと言っている姿が、視聴者を一層落ち着かせます。
「お〜い、母さん。津波が来るんだってよ。テレビで言ってるぞ」
食器を洗っている奥さんも、そのご主人の言い方から、
大したことはないなと察するわけです。
「あらま、それは大変ですね」
台所から臨むことができる海の方をチラッと見ながら返事したのでしょう。
そのアナウンサーが、次に言ったのは、
「5分後に到達が予想される津波の高さですが、高いところで約50mと予想されます」
まるで、「明日の天気は曇りでしょう」くらいのトーンでしたので、
テレビを見ていた皆様は、相当に面喰らったと思います。
実際私も、聞き間違えたのではないかと思いました。
しかし、アナウンサーは相変わらずの落ち着き払った口調で繰り返したのです。
「海には近づかないでください。津波の高さは、高いところで約50mと予想されます」
まちがいない! 確かに、50メートルと言った!

この後すぐに、50センチメートルの誤りでしたとの訂正があったのですが、
50メートルと2度も言われた、沿岸に住んでいる方たちは、
訂正されるまでの、ほんの一瞬をどんな気持ちで過ごしたのでしょうか。


会津若松は津波の心配はないし、山に囲まれているから台風の被害も少ない、
今のところ竜巻の発生もないし、住むぶんにはいい所なんだなと実感させられます。

大島で行方不明となっている方、早く生存という形で発見されればと願っています。
posted by 貞吉 at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

恥知らず

「川で溺れかかっていたおバアちゃんをとっさに救った若者。
その若者を番組スタッフが、一生懸命に探してまいりました。
どうぞ登場です。 おバアちゃん、この方に間違いありませんか?」
「そうです、そうです、この方です。私の命の恩人です」
「間違いないですね」
「間違えるわけがないじゃないですか。はっきりと覚えてますとも」
「実は、こちらのおバアちゃんは、某一流企業の社長のお母様でして、
探し出して、どうしても御礼がしたい。そんな依頼を番組に寄せていたんです」
もし、こんなお節介なテレビ番組があって、こんな内容だったらの話なんですが、
番組終了後に1本くらい、恥知らずから電話がかかってくると思うのです。

「番組に出ていたおバアちゃんを本当に救ったのは私なんです」

いますよね、こういう照れを知らないというか恥知らずの人って。
人は、予想だにしない言動に対して、呆れるを通り越して度肝を抜かれます。

この場合、当事者2人が対面して、互いに確認しあっているわけです。
第三者が割り込む余地は全くないし、有り得ない。誰も考えもしないことです。
にも係わらず、こうした度肝を抜くようなことを言ってのけるヤツが出てくるんです。

実は私の家にも誰とは言いませんが1人、似たりよったりの人がいます。
「お母さん、そういう明らかな嘘をついて照れませんか?」
そう聞いてみたいです。そういう機会は何度も何度もあるのに、聞けずじまいです。

だから私、こういうことを言える人に会って、インタビューをしてみたいんです。
「さすがに無理かなぁ、なんて少しも考えなかったんですか?」
「ひょっとしたら、少しくらい御礼をもらえるかもしれないと思ったわけですか?」
「本当はこの私だ、と言い出すとき、相当に勇気が必要だったと思うんですが?」
「恥ずかしい、照れる、そういった感情は普段から持ち合わせてないんですか?」
責めるわけではなく、ただ、ただ、本心から素直に聞いてみたい、そう思うのです。


他にも、様々な恥知らずがいると思われます。
木村拓也様と書かれたテレビ局の控室に、木村拓也さん本人が入ります。
すると、見知らぬ男が椅子に座って弁当をガツガツ食べている。
「………誰? ねぇ、あんた何? 何してんの?」
「………俺、木村。 木村拓也。弁当食ってんだけど、なにか?」
「………っていうか、有り得ないでしょう。本人がここにいるんだし」
「あんたこそ、人の控室に突然入ってきて、誰ですか?」
「あのぉ、ワケが分からないんですけど。やめにしてくれません?」
そもそも、こういう会話が成立するのは、周囲に何人かいて、
「あれれれ? どっちが本当の木村拓也さんなんだ」
騒ぎになってこそだと思うのです。
周りに誰もいなくて、本人を前にして、本人のふりをしても意味ありません。
いくら「私こそが」と言い張ったところで、勝ち目はまったくないと思われます。
「っていうか、顔も似てねぇし、年も背も髪型もまったく似てねぇじゃん。
木村拓也ですって、おたく、照れませんか? こっちが恥ずかしいんですけど」
「………………」
「っていうか、あれでしょう。お腹が空いてたんでしょう。弁当が欲しかったんだよね。
いいよ持って行って。大げさにしないから、弁当持って早く出てってよ」
こういったタイプの恥知らずも、世の中には絶対に存在するはずです。
開き直りっていうか、ここまできたら押し通すしかない、といったタイプです。
北朝鮮、中国、韓国、彼らは平然とやってのけていますし、絶対にいるはずです。


さて、最後の恥知らずは実話です。ニュースでも取り上げられていました。
『兵庫県尼崎市に住む50歳代とみられる韓国人男性が、
養子縁組をしたという554人の自分の子どもについて、
子ども手当、年間額約8600万円の受給申請のため、
同市の窓口を訪れていたことが分かりました。
この男性は、海外に住む子どもへの送金証明書や、
面会していることを裏付けるパスポートのコピーなど、
その他、外国人に求められる添付書類を全てそろえており、
事前に受給手続き、必要書類を詳細に調べてきた様子がうかがえました。
市の担当者は「可能ならもらおうという強い意欲を感じた」と話しています』
申請するにあたり相当な時間と手間と費用がかかったと思うんです。
「もらえるかもしれない」では到底、行動に移せなかったでしょう。
「絶対にもらえるはずだ」
強い信念を持った、ちょっと尊敬に値する恥知らずと分類されます。
posted by 貞吉 at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする