2013年08月12日

横並びで走る車

しばらく続く峠道の登り車線。
片側1車線でカーブが多く、前の車が遅くても抜くに抜けません。
登坂車線があるまでは、ずーっと前の車の後を走らなければなりません。
私の後ろに車はなく、いわば2台の軽自動車が、のんびりと坂を登っている光景です。

登坂車線の案内標識が見えてきます。
遅い車は左側の車線を、丁寧な案内文までありました。
ちなみに前の車の速度は時速45kmくらいです。
時速50km制限の道を時速45kmですから、遅い車と言ってもいいかと思います。
がしかし、登坂車線に入っても前の車は左側車線に移ってくれません。
右側の走行車線を、坂の勾配が少しきつくなったせいか、
時速40kmを少し超えたくらいの速度で走り続けるのです。
他人に気使いのできないドライバー、こういった方には、まれに遭遇しますので、
私は特に腹を立てることはありません。
私の方が左車線、つまり登坂車線に入って、追い越せばいいだけのことですから。
私は登坂車線に入り、アクセルを踏み込みます。
しかし悲しいかな、エアコンを掛けた軽自動車は非常に加速が悪かったのです。
すぐさま追い抜いて、走行車線に戻る予定だったのですが、なかなか抜けません。
私は車の窓を全開にして、エアコンを切り、アクセルを再度踏み込みます。
時速60kmくらいに達したとき、隣の車線の様子を伺って見たら、
なんと隣にまだ車が走っています。
しかも、窓を全開にして前かがみの姿勢で加速しているではないですか。
「てめぇ、速く走る気があったんなら、初めから早く走っておけばいいじゃねぇかよ」
こっちは抜きにかかった以上、おさまりがつきません。
私も自転車で坂道を登るがごとく、少しでも反動をつけて勢いがつくように、
上半身を前後させながら、アクセルをベタ踏みし、加速を目指しました。

結局、車の性能の差なのか、隣の車の頑張りがまさったのか、
登坂車線が終わった後の坂道を、以前の順番通りに走ることになりました。

しかし、異常です。前の車のドライバーは何を考えているのでしょうか。
いやがらせ? 予想しがたい性癖の持ち主?
係わらない方が無難だなと思い、チェーン脱着場所が途中にあったので、
そこで一休みし、しばらく先に行かせることにしました。
タバコを吸ってから、再スタートしたのですが、
まさかどこかで私が坂を登ってくるのを待ってるなんてことは………。
そんなことはありませんでしたが、世の中、いろんな人がいるわけです。怖い、怖い。



さて、横並びで走る車。 他の迷惑事例です。
田舎とはいえ、一応片側2車線の国道でした。
その国道で、堂々とハザードを出して左車線をふさいでいる車があったのです。
こういうバカ車1台のために、国道の流れが滞ってしまいます。
携帯にかかってきたんなら、どこかの駐車場に入れてからにしろよ。
国道の走行中に、「あっ、携帯が鳴ってる」。
自由気ままにブレーキを踏んで、「ハザードつけたからいいでしょ」みたいな。
ここは国道だぞ、おまえは一体何を考えているんだと聞きたくなります。
それはともかく、こっちは、その停車している車の先を左折予定だったのです。
しょうがないので他の車同様に一旦右車線に移りました。
当然、停車しているバカ車を追い越したら、すぐに左車線に戻るつもりでした。
しかし、私がちょうどバカ車の横を過ぎようというその時、
バカ車が、ハザードを消し、ウィンカーを出し、発進してきたのです。
バカ車が私の真横を並走したもんですから、私は左車線に戻れません。
こっちはスピードを落として、行くなら早く行けとするのですが、行かず、
スピードを上げるも、前の車が邪魔で、並走する車の前に車線変更ができない。
結局、予定のところでは左折することができませんでした。


あなたたち、お友達ですか? 片側2車線道路を横並びして走り続ける2台の車。
どっちでもいいからアクセルを踏んで前に出ろ!
後続車からすると、フタをされた状態で抜くに抜けません。


まれに片側1車線道路で追い越しにかかった車に対して、
同じスピードにあげて追い越しを阻止にかかるドライバーもいます。
この行為だけは危険ですのでやめてください。
しかし、あまりにも性格が悪すぎです。
posted by 貞吉 at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする