2013年08月06日

これとおんなじヤツ

「出かけるなら、ちょっと買い物の頼まれごとをしてくれないかな」
見つからないように、こっそり出かけようとしたのですが、
玄関を静かに開けているところを、父親に見つかってしまいました。
何か頼みごとをしてきそうだな、そんな雰囲気を、私は察していたのです。

「ちょっと待ってくれ。今、部屋から持ってくるから」

買い物は、“これとおんなじヤツを買ってきてくれ”パターンだと知らされます。
イヤなんです、“これと同じ物”パターン。 
母親にしても同様なのですが、説明するのが面倒なのか、
説明のしようがないと思っているのか、現物を手渡してくるのです。
サラダ油の空きボトル、天ぷら粉の空き袋、仏壇用線香の空き箱、きれた蛍光管。
私は子供じゃないので、売り場まで持ち込みません。
必要があれば、商品名あるいはポイントをメモってから売り場に向かいます。

父親が部屋から何を持ってくるのか、不安な気持ちで待ちます。
以前のことですが、バケツを持ち出してきて、これに合うフタを探してきて欲しいと、
頼まれたことがあります。
バケツを私に渡そうとするので、
「直径とか計れば、なにもバケツを持っていかなくても買ってこれますから」
「いや、そんな面倒なことするより、これを持っていったほうが早いんだ」
メジャーを探し、自分で直径を測り、バケツを突っ返してやったこともあります。

ただ、表彰状の時はまいりました。
町内会で表彰する者が複数人いて、表彰状が3枚足りない。
他の者と柄模様や色が違うとおかしいので、
これと全く同じ表彰状を買ってきて欲しいと手渡されたのです。
全員、新しく買ってきたもので統一すれば、と提案したのですが、
「去年と柄や色が違うのはおかしいべ」と、譲らなかったのです。
おかげで、子どものお使いみたいに、表彰状を店の人に渡して、
「………これとおんなじヤツをください」と言わざるを得ませんでした。
何故、去年と柄や色が違うとおかしいのか。
いつも思うのですが、説得してくる父親の言葉って、意味が分かりません。


さて、父親が部屋から戻ってきます。手には縄を持っています。
「これと同じ太さの縄を買ってきて欲しいんだ」
3周くらい残っている輪っか状の縄を私に手渡してきたのです。 
「分かりました。でも、縄はそんなに要らないです。端っこを5cmほど切ってくれれば」
「いや、万一のことあったらアレだから、全部持っていっていいよ」
何を言ってるんだかサッパリ分かりません。
縄を買いに行って、万一のことなんてあってたまるか!
そう思ったのですが、何を言っても無駄なので、黙って差し出された縄を受け取ります。

「その縄、ダイユーエイトに行かないと売ってないんだ。
だから悪いけど、ダイユーエイトまで頼むよ」
「そうですか、ダイユーエイトですね」
ふてくされた言い方をしたんですが、父親は気が付いてくれたでしょうか。
しかし、あなたがダイユーエイトで買ってきただけのことで、
こんな荒縄くらい、ダイユーエイトじゃなくてもどこでも売ってるでしょう。
ともかく、出かけようとすると、
「あっ、ちょっと待った。
もし、ダイユーエイトに行くんだったら。もう一つお願いしていいかな」
自分から、ダイユーエイトに行ってくれと言っておきながら、
もし、ダイユーエイトに行くんだったら、っておかしくないですか?
しかし、考えてみれば父親らしい、いつもながらの言い回しです。
また、そそくさと部屋に行き、何かを持ってきました。
「これの先っぽだけ売ってないかな。ちょっと探してみてくれないか」
ラジオのアンテナの先の白いゴム部分らしいです。必要ないでしょう、そんなもん。
「いえ、売ってませんから」
「いや、あったらで構わないよ、もしあったら買ってきてほしいんだ」
「………………そうですか。じゃあ、あったら買ってきます」
もう、どうでもいいけれど、早く出かけさせてくれ、そんな気分でした。
「持って行かなくて大丈夫かい。持って行っていいよ」
ラジオを付きだされたとき、反射的に父親の胸グラを掴みそうになってしまいました。

おそらくですが、悪気がないと思えるからこそ、余計にタチが悪いんです。
posted by 貞吉 at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

横並びで走る車

しばらく続く峠道の登り車線。
片側1車線でカーブが多く、前の車が遅くても抜くに抜けません。
登坂車線があるまでは、ずーっと前の車の後を走らなければなりません。
私の後ろに車はなく、いわば2台の軽自動車が、のんびりと坂を登っている光景です。

登坂車線の案内標識が見えてきます。
遅い車は左側の車線を、丁寧な案内文までありました。
ちなみに前の車の速度は時速45kmくらいです。
時速50km制限の道を時速45kmですから、遅い車と言ってもいいかと思います。
がしかし、登坂車線に入っても前の車は左側車線に移ってくれません。
右側の走行車線を、坂の勾配が少しきつくなったせいか、
時速40kmを少し超えたくらいの速度で走り続けるのです。
他人に気使いのできないドライバー、こういった方には、まれに遭遇しますので、
私は特に腹を立てることはありません。
私の方が左車線、つまり登坂車線に入って、追い越せばいいだけのことですから。
私は登坂車線に入り、アクセルを踏み込みます。
しかし悲しいかな、エアコンを掛けた軽自動車は非常に加速が悪かったのです。
すぐさま追い抜いて、走行車線に戻る予定だったのですが、なかなか抜けません。
私は車の窓を全開にして、エアコンを切り、アクセルを再度踏み込みます。
時速60kmくらいに達したとき、隣の車線の様子を伺って見たら、
なんと隣にまだ車が走っています。
しかも、窓を全開にして前かがみの姿勢で加速しているではないですか。
「てめぇ、速く走る気があったんなら、初めから早く走っておけばいいじゃねぇかよ」
こっちは抜きにかかった以上、おさまりがつきません。
私も自転車で坂道を登るがごとく、少しでも反動をつけて勢いがつくように、
上半身を前後させながら、アクセルをベタ踏みし、加速を目指しました。

結局、車の性能の差なのか、隣の車の頑張りがまさったのか、
登坂車線が終わった後の坂道を、以前の順番通りに走ることになりました。

しかし、異常です。前の車のドライバーは何を考えているのでしょうか。
いやがらせ? 予想しがたい性癖の持ち主?
係わらない方が無難だなと思い、チェーン脱着場所が途中にあったので、
そこで一休みし、しばらく先に行かせることにしました。
タバコを吸ってから、再スタートしたのですが、
まさかどこかで私が坂を登ってくるのを待ってるなんてことは………。
そんなことはありませんでしたが、世の中、いろんな人がいるわけです。怖い、怖い。



さて、横並びで走る車。 他の迷惑事例です。
田舎とはいえ、一応片側2車線の国道でした。
その国道で、堂々とハザードを出して左車線をふさいでいる車があったのです。
こういうバカ車1台のために、国道の流れが滞ってしまいます。
携帯にかかってきたんなら、どこかの駐車場に入れてからにしろよ。
国道の走行中に、「あっ、携帯が鳴ってる」。
自由気ままにブレーキを踏んで、「ハザードつけたからいいでしょ」みたいな。
ここは国道だぞ、おまえは一体何を考えているんだと聞きたくなります。
それはともかく、こっちは、その停車している車の先を左折予定だったのです。
しょうがないので他の車同様に一旦右車線に移りました。
当然、停車しているバカ車を追い越したら、すぐに左車線に戻るつもりでした。
しかし、私がちょうどバカ車の横を過ぎようというその時、
バカ車が、ハザードを消し、ウィンカーを出し、発進してきたのです。
バカ車が私の真横を並走したもんですから、私は左車線に戻れません。
こっちはスピードを落として、行くなら早く行けとするのですが、行かず、
スピードを上げるも、前の車が邪魔で、並走する車の前に車線変更ができない。
結局、予定のところでは左折することができませんでした。


あなたたち、お友達ですか? 片側2車線道路を横並びして走り続ける2台の車。
どっちでもいいからアクセルを踏んで前に出ろ!
後続車からすると、フタをされた状態で抜くに抜けません。


まれに片側1車線道路で追い越しにかかった車に対して、
同じスピードにあげて追い越しを阻止にかかるドライバーもいます。
この行為だけは危険ですのでやめてください。
しかし、あまりにも性格が悪すぎです。
posted by 貞吉 at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

お年寄りの社会保障

社会保障の改革について協議を重ねていた国民会議ですが、
その案が、政府に提出されました。
秋の国会で、どこまで正式に決定するかは不明ですが、
消費税増税の時機を見据え、改革が進められていくのは間違いないところです。

さて、今回の改革案の中、お年寄りに関しての項目をピックアップしてみました。
さてさて、私を含めたこれからのお年寄りの生活は、どうなるのでしょうか。


今まで、給付はお年寄りの方々へ。その費用負担は現役世代の方々に、でした。
確かに、「お年寄りを大切にしましょう」 それはそれで大切なことです。
がしかし、これからは、お年寄りだらけになっちゃうわけですから、
そうも言っていられません。
国の政策は、「年寄りより、将来を担う若者、子どもたちに投資をしよう」。
お年寄りをお年寄り扱いしてくれない時代、そういう時代がもう目の前です。


まず病院の窓口自己負担。 今後、これから70歳を迎える方は、74歳までの間、
現在は1割負担で済んでいますが、倍の2割負担になります。
本来だと、平成20年度から2割負担が実施されるはずだったのですが、
経済情勢や、選挙に影響等で、今日まで1割のままに据え置かれていたものです。
毎回500円を窓口で払っていた人は、これからは1,000円の自己負担になります。
「ワシは毎月、24回くらい病院に通ってるんだよ。まいったな。半分に減らさねば……」

しかし、暇にまかせて一生懸命、勉強しているお年寄りは気付くはずです。
「高額療養費っていうのがあって、通院の場合、月で自己負担の上限は1万2千円だべ。
だったら500円で24回通おうが、1,000円で24回通おうが、1万2千円じゃねぇの」

そんな年寄りの浅知恵は、国民会議では織り込みずみです。
気軽にお年寄りたちに病院に行かせないようにします。
ご近所の診療所である、かかりつけ医に行くなり、電話するなり、訪問を受けるなり、
かかりつけ医が「それは病院に行った方がいい」というお墨付きをもらわないと、
病院には通えなくなります。
実務的なシステムがどうなるかは知りませんが、諸外国では既に実施されています。
「暇だから病院にでも行くか」と、いきなり病院に来ても診てくれません。
まず病院に電話をかけます。そこで症状を細かく聞かれるわけです。
「ティッシュを買って、鼻を適時にかんでください。以上です。病院には来ないでね」
診察予約が取れていないと、病院では受け付けてくれないそうです。


入院期間のさらなる短縮化が図られ、さらにベッドは機能ごとに振り分けられます。
「バアさんが側溝にはまって大たい骨を折ったようだ。頭も少し打ってるようだ」
まず、急患ベッドに入院して手術なり、初期治療に専念することになります。医者から、
「頭は急変することはないでしょうし、術後経過を見ることになりますね」と言われ、
違う病院を紹介され、次は回復期のベッドとして過ごすことになります。そこの医者から、
「順調に回復していますので、次はリハビリの方に移っていただくことになります」
リハビリ対象用のベッドがある病院に転院させられます。そこの医者から、
「後はご自宅でもできることですから、明日、退院しちゃってください」
今までは、1つの病院に滞在して直るまで診てもらえたのに、慌ただしくなりそうです。

基本的に、通院、入院は地域で減らす取り組みを、国から要請されそうです。
訪問診療、訪問看護、訪問リハビリ、訪問投薬、訪問歯治療など、
好き勝手に病院に来させない在宅医療は、強い方針になりそうです。
ちなみに、「病院では死なせません。死ぬのなら住み慣れた御自分の家で」
今までの「病院・施設」から、「自宅・在宅」へのシフト変更は、
人生の最後の最後まで緩めてくれそうになく、徹底して行われそうです。


介護保険制度のうち、予防対象である要支援1、2が介護保険から外されそうです。
案では、『要支援者については、市町村が地域の実情に応じ、住民主体の取組等を、
積極的に活用しながら柔軟かつ効率的にサービスを提供』すべきである。
つまり介護保険の居宅サービスや施設サービスは利用できなくなってしまいます。
あるいは1割ですんでいたサービスを、10割全額自己負担で業者に依頼するか、
あるいは「地域の皆様の温かい支援で生活を支えていただいています」となるか。
とにかく権利として「洗濯しろ」、「掃除しろ」、「メシ作れ」は言えなくなります。

要支援ではなく、要介護として介護保険を受給されている方については、
現行のサービス費1割負担が、年金等の受給額によっては2割負担になるようです。

終身まで世話を見てくれると、人気のある特別養護老人ホームですが、
要介護2以下の者は、特別養護老人ホームには入居できなくなりそうです。
また、要介護3以上の方で、すでに特別養護老人ホームに入居の方。
所得に応じて、入居費、食費の徴収額が決定されるのは変わりありませんが、
今まで所得から除外が認められていた遺族や障害の年金も、
今後は所得額の中に組み入れられて、計算される模様です。
あと、世帯分離して、なんとか減額を図っていた方は、チェックされそうです。


通年の所得は一般的な額であっても、不動産等の資産や預貯金が多くある方。
窓口負担、保険料共に、応分の負担が求められそうです。
貯蓄額をどうやって探るのか、興味深いところですが、
とにかく、「搾り取れるお年寄りからは、とことん搾り取れ、
詐欺犯罪者に取られる前に搾り取ってやれば、お年寄りのため、世間のためになる」。


まだまだ、いーっぱい、たくさん、たくさんあったような気がしますが、
文章が長くなってきましたし、これ以上の不安材料をお伝えし続けると、
お年寄りの方たちのお体に障ることになりますので、とりあえず、ここまでとします。
posted by 貞吉 at 17:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

熱中症だったのかも

東京へ2泊3日で家族旅行に行ってきました。
初日、朝8時過ぎの新幹線に乗車して、缶ビール500mlを1本いただきました。
「なんで朝っぱらからビールなんか飲んでるのよ」 女房から言われましたが、
社労士の試験を受けに仙台まで行ったときも、これから受験だというのに、
朝早い郡山駅であやうく缶ビールを買いそうになった私です。
『新幹線に乗ったらビール』
これは飲みたいからとか、あんまり飲みたくないけどとか、
そんなことは関係ないのです。あくまで決まりごとなのです。

さて東京に着き、荷物をホテルに預けてディズニーシーへ。
子どもが喉がかわいたというので、適当な店に入りました。
「そっか、ディズニーシーってアルコールが置いてあるんだった」
ということで、私は生ビールを頼みました。

歩き回ったり、アトラクションに乗ったあと、お昼御飯です。
私はピザと生ビール。

午後も同じように、あちこち歩き回り、休憩です。
私は生ビール。

「いいよ乗ってくれば、俺、ここで待ってるから」
ということで、1人で生ビール。

家族皆がヘトヘトになったところで、また休憩。
ここまでくると口癖のように生ビール。


私、炎天下のディズニーシーを歩き回っている間、取った水分はというと、
なんと生ビールだけだったのです(後で気が付いたことですが)。

夜の7時ごろ、最後にショップでお土産を買うことになったのですが、
なんだか無性に体がだるくて、軽い頭痛を覚えて、ちょっと目まいまで覚えて、
外で待ってることにしました。1歩2歩さえ動くのがしんどかったのです。

この時、切に思ったのは「水が飲みたい。ジュースじゃなくて冷たい水が欲しい」。
ホテルに帰ったら、ゆったり腰かけて、冷えたミネラルウォーターをガブガブ飲みたい。
それを励みに、なんとかホテルまでたどり着くことができたというわけです。

うまかったです。
一気に冷蔵庫に入っていたミネラルウォーターを2本、飲み干しました。
うまかったです。本当にうまかったです。感激的にうまかったです。


しかし翌日以降も体はだるいままでした。
ミネラルウォーターを常に携帯して水分補給に努めたのですが、
すぐには回復してくれませんでした。
みなとみらい駅からカップヌードルミュージアムまでの道のりはきつかったです。
交通博物館ではタバコを吸う度に2階の奥まで行かねばならず、つらかったです。


会津に帰ってきて昨日までは、時おり寒気がして鳥肌が立ってました。
普通に家の中を歩いていただけなのに、急に悪寒を覚えるのです。
歯がガチガチ音を立てるほどの震えが起きるのです。
体温調節がうまく機能していなかったようです。(ようやく今日、正常に)


以下をネットで調べてみました。
【ビールで水分補給はできるのか】
   ビールは飲んだ以上の水分が尿として排出されてしまいます。
   また、アルコールを分解するために体内の大量の水分を使用します。
   よって、脱水症状に陥る危険性が非常に高くなります。
【ディズニーシーでビールばかり飲み、熱中症で倒れた恥ずかしいヤツは存在するか】
   熱中症になった方はいるようですが、ビールの飲みすぎではないみたいです。

ディズニーシー開設以来、初の「恥ずかしいヤツ」にならなくて良かったです。
yahooトピックに取り上げられて、ネットで「アホ」、「アル中はディズニーに来るな」
「コイツは居酒屋に来たつもりか」 などなど散々書かれるところでした。


話しは変わりますが、
自販機で冷えていない水を知らん顔をして売るのって、反則だと思いませんか。
posted by 貞吉 at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

芸名の商標登録

加護亜依さんが、新たな事務所の元で芸能活動を復活させるそうです。
しかしながら、旧所属事務所が黙っていませんでした。
「加護亜依」の名前は商標登録してあるので、使わせないと言ってきたそうです。
ちなみに、「加護亜依」って彼女の本名らしいです。
でも加護亜依さん、喫煙騒動で旧事務所から解雇されたのでは?
旧事務所は解雇処分にした相手に、やることがネチっこいですね。


昔も同じような騒動がありました。早や20年以上も経ったわけですが、
インパクトが強かったので覚えている方も多いと思います。
そうです「加勢大周」芸名騒動です。

加勢大周さんが、お世話になった事務所から、半ば強引な独立。
ありがちな旧事務所とのトラブルでした。
旧事務所は「加勢大周」の名前の使用を許さないと、裁判を起こしました。

以下35の芸名、旧事務所側が本当に商標登録した名前らしいです。
果たして、この事務所の社長、どこまで本気だったのでしょうか。
「加勢大周」にまつわる名前は一切使わせないぞ! 
意気込みは感じるのですが、到底、真面目な顔で申請できるとは思えないからです。

「新加勢大周」
「東京加勢大周」
「続加勢大周」
「正調加勢大周」
「加勢大周1号」
「加勢大周2号」
「帰ってきた加勢大周」
「日本加勢大周」
「男加勢大周」
「加勢大周A」
「ヤング加勢大周」
「加勢大周X」
「加勢大周 Jr.」
「加勢大周22歳」
「生涯一加勢大周」
「そして加勢大周」
「加勢&大周」
「加勢大周王子」
「ザ・加勢大周」
「人生加勢大周」
「加勢大周ゴールド」
「ポチョムキン加勢大周」
「ゆかいな加勢大周」
「あなたの加勢大周」
「息子加勢大周」
「加勢大周Z」
「加勢大周ロックンロール」
「南国の加勢大周」
「俺加勢大周」
「巨根加勢大周」
「我ら加勢大周」
「ニュー加勢大周」
「加勢大周スペシャル」
「加勢大周王国」
「加勢大周まつり」
(以上、そのまんまを掲載させていただきました)


「おい、喜べ。君をデビューさせるぞ。芸名は新加勢大周だ」
実際に「新加勢大周」はデビューしたらしいんですが、
デビューさせてもらったとはいえ、テンション上がらなかったでしょうね。
当然、すぐに芸能界から消えていなくなったそうです。

以降、本家「加勢大周」に対するいやがらせとして、
34名の新人を続々とデビューさせる計画があったらしいのです。

「母さん、今日、事務所の社長からデビューさせてくれるって言われたんだ。
まだ具体的な日にちとか、芸名は決まってないみたいだけど、
正式に決まったら、また母さんに電話するから」
後に、社長から告げられた芸名が「巨根加勢大周」だったら。
泣きながらであっても母親に連絡することができるでしょうか。

「社長、ポチョムキン加勢大周が辞めたいと言ってきました。
あと、加勢大周まつりクンなんですが、めっきり元気がなくなってしまって、
名前負けというか、しばらく休ませた方が無難かもしれません。
そうそう、加勢大周2号が、1号が辞めていないのに、自分が2号なのはおかしいと。
あともう1件、ゆかいな加勢大周と連絡が取れなくなりました」
想像すると、結構活気があって楽しかったのかもしれません。

しかし、ここまでくるとデビューする芸能人を人扱いしているとは思えません。



本日のゲストは、デビューしたての「ただで済むと思うな加護亜依」さんです。
もし、旧事務所の社長さんが、こんな名前を付けて新人をデビューさせたら、
世間から、「イヤらしくて粘着質な性格」 そう思われるだけです。
見ている側は、笑えるっていえば、そうなんですけれど、でも、
使われる方も、使えと言われた新人も、相当にイヤな気分になることでしょう。
加護亜依さんの、穏やかな復帰を願っております。
ついでに矢口真里さんの華々しい復帰も願ってます。
posted by 貞吉 at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする