2013年05月07日

平均というカラクリ

たとえば、日中の平均気温が15度、そう聞けば、
朝方の9時は13度くらいで、昼の3時は17度くらいだと、想像できます。
何故なら気温の場合、朝方の9時が氷点下15度で、昼の3時は45度、
こういった気温の変化は、現実には有り得ないからです。
こんな形で「平均」という言葉を日ごろから認識していると、
ありがちな、勘違いをさせられることになります。

アフリカの某途上国の平均寿命は40歳。
テレビで言っていたのですが、これを聞いて私が思ったのは、
「えーっ、そんなに低いの? じゃあ、35歳から45歳くらいの間で、
死んでしまうパターンが多いんだ。ずいぶん短い人生で可哀そうだな」
しかし、この番組を見続けていくうちに、
私の、この発想が誤りであることを教えられました。
生まれたばかりの子、あるいは3歳になるまでの間に病気にかかり、
たくさんの小さな子ども達が亡くなってしまっているらしいのです。
つまり、3歳で亡くなった子が100人、77歳で亡くなった人が100人、
そういった国の場合が、平均寿命40歳になるわけです。
38歳で亡くなった人が100人、42歳で亡くなった人が100人、ではないのです。


そういえば過去にも私、この平均という言葉に騙されたことがありました。

怪しげな店が並ぶ温泉街の裏道を友人と歩いていました。
何故、そんな道を歩いていたかというと、怪しげな店とまでは言いませんが、
男2人で居酒屋に行くよりは、女性のいる店に行こうかと物色していたからです。
そんな風の男2人でしたから、客引きは見逃しません。チラシを渡されます。
『倶楽部・隣の奥さん。
当店の女性スタッフの平均年齢は33歳です。
全員が人妻です。
たまには、他人の奥さんと世間話でもしてみませんか』

チラシを見ながら友人が言います。
「ハタチ過ぎたばっかりの娘はキャピキャピやかましいから勘弁だし、
40代半ばを過ぎちゃうと白髪染めの匂いが鼻についてイヤだし、
33歳なら、ちょうどいいんじゃないか」
確かに言えてるなと私も同意し、料金も安かったので、店に入ったわけです。
席に案内され、店内を見渡してみると………。
女性スタッフは総勢10名ほど。
その女性スタッフたちの年齢はというと、
ハタチ過ぎたばっかりのキャピキャピとやかましそうな女性が5人、
40代半ば過ぎの白髪染めの匂いが鼻につきそうな女性が5人。
本当に全員が人妻なのかどうかは知るよしもありませんが、とにかく、
こっちが敬遠したかった年齢の女性ばかりが揃えられていたのです。
確かに、平均すれば33歳くらいになるのでしょう。
店側としては、嘘はついていないわけですから、こっちは文句も言えません。

「やられた」と思うより、「なるほど」と妙に感心させられたのを覚えています。


平均という言葉は実に、くせものであり、
平均から実態を知るには無理があります。
皆様、くれぐれも御注意を(何を注意すればいいのか知りませんが)。
posted by 貞吉 at 21:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

レースのカーテン

レースのカーテンを買ってきました。
タバコのヤニで茶色に変色していたので、純白のカーテンに交換です。


さて、総務として会社勤務していた頃です。
東京に住んでいた役員が、単身赴任で会津若松市内に住むことになり、
転居に際し、私が住居の手配と生活用品の取り揃えを任されることになりました。

開け放たれた窓から、爽やかな風が舞い込んでくる。
そんな若葉のころ、新緑の季節でした。

着任してきたばかりの役員のマンションの一室で、
私が買って用意した純白のレースのカーテンを取り付け、
ここで部屋の装飾は、一通り終了ということになりました。
やれやれと私と役員は缶コーヒーを口にします。
そんな穏やかな心地になったとき、爽やかな風が舞い込んできたのです。
「上の階だと、いい風が入ってくるんですね」
私が着任早々の役員に言いました。
「そうだね。やはり東京とは空気が違うな」
そんな役員との、のどかな会話のひと時でした。

さて、爽やかな風で部屋の内側まで押されたレースのカーテンなんですが、
元の自分の位置に戻ってくれないのです。
窓の前の横向きの畳1畳のラインを超え、そこで静止したままなのです。
6畳間の1/3ほどが、レースのカーテンで埋め尽くされる。そんな状態です。
誰が見ても、うっとうしい眺めでした。

動きを止めたレースのカーテンに、キラキラとまばゆい光が降り注ぎます。
しばらくの間、私と役員は、グタっとしたカーテンを無言で見つめていました。
先に何かを言わなければならないのは私なんだろうなと思い、
「すいません。少しカーテンの丈が長かったみたいですね」
当たり前の現状報告をするしかありませんでした。
役員が少し間をあけ無表情で私に言います。
「いいよ。私、あまりこだわる方じゃないから」

風が部屋に吹き込むたびにカーテンを元の位置に戻さなければならない、
あるいは、放ったらかしにしたとして、うっとうしい眺めを我慢しなければならない。
こだわる、こだわらないの問題ではなく、さすがに悪いことをしたなと、
私は思うと同時にカーテンの裾上げのことを考えました。
しかし、3,000円程で買ってきたカーテンの裾直しが1万円ということになったら、
いくら会社の経費とはいえ、個人的に腑に落ちないなと思ったのです。
1万円かかるのかどうか確認はしていませんが、
少なくとも本体のカーテン代以上は取られるはめになると思いました。
なので、
「裾を上げて、ガムテープで固定させちゃいましょうか」
役員になるほどの方ですから、私のこの案を、
こいつにとっては、あくまでも他人事だなと見抜いたことでしょう。
「いや………それは、やめよう。いいよ、このままで。
冬になれば雪が降って、サッシを開けることなんて、そうはないんだろう」
「ええ、まぁ確かに冬になれば、そうなんでしょうけれど」

申し訳ないので次の案を捻り出しました。
おそらく該当者はいないだろうなと思いつつ、
「じゃあ従業員の誰か、あるいは従業員の母親で裾上げのできる者を探して、
見つかったら頼んでみることにしましょうか」
役員になるほどの方ですから、だったら、
買った店に頼めばいいじゃねぇかと、根本を見透かされてしまったことでしょう。

ともかく、役員は「構わないよ」と繰り返し言ってくれたので、
「そうですか」と御言葉に甘えて済ませてしまったわけです。

サッシを開けることは滅多にないだろう冬の期間を除く、春、夏、秋を
この役員は相当なストレスを溜め込んで過ごしたかもしれません。


私の部屋に取り付けた新しいカーテン、丈が長すぎたようです。
風に押された後の部屋の光景を見て思い出した、10年ほど前の話でした。
posted by 貞吉 at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

原発附近の地下水

「現状を報告いたします。
原子炉建屋に地下水が入ってきて、ただでさえ処理に困っている汚染水が、
浸水してくる地下水のせいで、さらに増えてしまっているのが現状です。
今後、汚染水を増やさないため、建屋内に浸水し地下水が汚染してしまう前に、
地下水を海に放出してしまおう、そう考えている次第です」

そう、単純明快に聞かされれば、何の違和感も感じませんし、
おっしゃる通りですね、早くそうした方がいいんじゃないでしょうかと思うだけです。

その地下水は汚染されていないんですよね。
よその地方の地下水となんら変わりないんですよね。
だったら、処分場所の確保に頭を痛めているときに、
汚染水を、地下水でわざわざ増やさない方法を早く取るべきです。

こんな簡単な話が、
何故、マスコミに取り上げられ、大騒ぎになってしまったんでしょうか。

東電が、「福島県漁連の了解を取ってから」なんて言ったからではないでしょうか。
「私どもは、何をするにしても皆様の了解を得てからやっています」
そんなアピールをしておきたかった、というだけではないように思います。
地下水を海に放出した後、近海で何か予想もしなかった問題が発生した時に、
「あなたたちは、あの時、了解しましたよね。
だったら、最初から了解なんかしなければよかったじゃないですか。
了解がなかったら、私どもはポンプで海に放出するなんてことはしませんでしたよ」
更なる損害賠償の請求を避けるための、事前策なのでしょうか。

詳しく知りませんが、地下水って自然に川や海に流れていくものですよね。
県漁連が認めようが認めまいが、建屋に向かわない地下水は、
自然に海に流れて行くんですよね。
建屋に向かっている地下水を、建屋に入って汚染水になってしまう前に海に放出。
このことについては県漁連の皆様も異論はないと思うのです。

問題なのは、マスコミに取り上げられ、全国に知れ渡ってしまったことです。
放射線の影響は何もないにも関わらず、放射線に過剰反応を示す市民からは、
「東電が、また何かやらかすみたいだわ」
「そうそう、汚染水を海に放出するんですってね」
汚染水じゃなくて、汚染される前の地下水ですよ、と言ったところで、
放射線過剰反応組は聞く耳を持たないでしょう。

東電が国に、地下水は検査しました。安全性に問題はありませんので、
海に放出して、汚染水を増やさないように努めたいと考えています。
そう報告して実施すれば済んだ問題なんじゃないでしょうか。
ポンプを使おうが使うまいが、そんな方法論はどうでもいいんです。

ややこしいやり方で、説明不足から話がこじれ、
これだけマスコミに取り上げられてしまったら、この時点で、
県漁連が言う「風評被害」が、確定まちがいなしの状況になってしまったのです。
こうなってしまった以上、いくら「安全性に問題はない」と言われたって、
地下水を海に放出するという、人の目を引く行動を東電にやらせたくない。
そう県漁連の方たちが思うのも無理からぬことだと思います。

それに、東電の「安全性に問題はない」という大前提となっている発言でさえ、
果たして信用できるかどうか、大きなポイントになっていると思われます。
このことは今後、東電のやること全てに当てはまることかもしれませんが、
信用をなくすようなことを繰り返してきたわけですから、しょうがないでしょう。


決して、放射線に過敏ではない私ですが、ふと思ってしまったことがあります。
現状の地下水は「安全性に問題はない」 そうだとしても、
将来、地表に積もった放射線物質が雨などにより、地下水になるんですよね。
そうなったら、いくら建屋に進入する地下水を食い止めたとしても、
すでに近隣の地下水全体が汚染水になってしまっているわけで、
その汚染状態となった地下水が海に流れるのを防ぐのは、
さすがに東電でも無理なことではないんでしょうか。
そうなったら、お手上げ状態じゃないかと思うのですが。

原発問題を知識のない私がこのように、あれやこれや思う。
これが世間一般の原発問題に対しての考え方であるようにも思えます。
ふと思いつく市民の不安を、ひとつずつ丁寧に説明し、解消していく義務が、
東京電力にはあるはずです。
損害賠償すれば終わりではありません。忘れずに果たしていってほしいものです。
posted by 貞吉 at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

この顔と5年間

運転免許証更新のハガキが来ていたので、警察署へ手続きに行ってきました。

ハガキのマジックテープを開いたものの、読むのが面倒になり、
ちょうど先月に女房が更新手続きを済ませていたので聞くことにしました。
「免許の更新って、1日で終わるんだよな」
「何言ってんの。終わらないわよ。最初は警察署に行って受付を済ませるだけ。
受付が済んだら、いついつの何時に講習を受けてもらいますって言われるから。
受付は早めに済ませた方がいいわよ。講習日まで1ヶ月くらいかかるから」

ふ〜ん、そうなんだと思うのみです。
初回は、「運転免許証更新連絡書」のハガキを持って、受け付けをするだけ。
そこで初めて、講習の日を含めて手続きの日が指定される。
講習会会場の収容人数が少ないためか、受付日から指定日まで1ヶ月待ち。
なるほど、受付だけは早めに済ませておいたほうがいいんだなと、
ならば、取りあえず行こうと出かけたわけです。

しかし、頭に描いていた受付手続きとは、ちょっと違っていました。
「それでは、今から視力検査と写真撮影を行います」
写真撮影をするとは思ってもいませんでした。予想外です。

というのは数日前、運動会に行き、日に焼けてしまったのです。
炎天下の中、無防備で真正面から陽を浴びたので、
顔はやけど状態の日焼けです。パンパンに膨れ上がり真っ赤っかです。
ただ、目の周りだけが白く、「パンダみたいだ」と笑われる有様だったんです。

それに加えて、やはり数日前。
「暑くなるし、うまくいけば12月まで来なくてすむくらい短めにカットしてください」
めちゃくちゃ短く、床屋で散髪してもらったばかりなのです。
自らお願いしたわけですから、仕上がりが鳳啓助状態でも文句は言えません。

日焼けして赤いパンダのような顔、髪型はカッパのような鳳啓助状態。

写真を撮られると知っていたら、行きませんでした。日にちをずらしました。
日焼けが落ち着いて、髪型も馴染んだ頃を見計らって行くに決まってます。
帰って鏡を覗いたら、右上の髪の毛が束になって逆立っているじゃないですか。
おでこの皮膚はカサカサで、ちょっと擦ると皮膚がボロボロと剥がれ落ちてきます。
我ながら、なんと御いたわしい姿でしょうか。

「5年間ご使用になりますが、その顔、その頭でいいんですか」
それくらい言ってくれる配慮を、警察は持ち合わせないのでしょうか。
視力検査から写真撮影終了まで1分もかかりませんでした。本当です。
手際が良いというよりは、早いこと、早いこと、事務的にササッと終了です。
パチリと撮られるとき、髪をなでるとか、メガネを上げるとか、5年間のこととか、
そんなことをする暇も、考える余裕も、全く与えられませんでした。

これから5年間、赤パンダ、鳳啓助の顔とお付き合いしなければなりません。
市役所とかツタヤとか、「ご本人確認のため、免許証を拝見させていただきます」
そのたびに、笑われなければならないのかと思うと憂鬱です。
それに、免許証の写真を見て、本人だと認めてもらえないかもしれません。
不安です。

さて最後に、更新手数料を納めるときですが、
「交通安全協会に御協力いただけますか?」と聞かれました。
この場合、なんと答えればいいのでしょうか。
協力金は交通安全協会の避暑払いと忘年会の費用になる、
そんな噂を聞いたことがあります。
そうでなくても、協力するつもりなんて毛頭ないのですが、
「いいです」と答えた場合、「いいですよ」という取り方をされて、
「ありがとうございます」と言われるはめになることが考えられます。
先方としては、出来ればお願いしたいという考えがあるのですから、
どっちつかずの、あやふやな答えをした場合、どっち? お願いしていいの?
「ありがとうございます」と言われてしまうかもしれません。
同様に「結構です」という答え方も、「ありがとうございます」の可能性大です。
「ありがとうございます」と一旦言われてしまったら、くつがえすのは面倒です。
結局、一瞬の間に判断した私の言い方は、「イヤです」。
窓口のお姉さん、とっても臭い顔をしていました。

あーあ、それにしても5年は長いぜ。
posted by 貞吉 at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

間の悪いパワー

S.Hという知人がいます。
この方、仕事が外回りの昼は、好物であるラーメン屋を探して入るそうです。
注文したラーメンが目の前に運ばれ、割り箸を手にして、いざ食べようとすると、
あるいは食べ始めると、高い確率で携帯電話が鳴るそうです。
しかも面倒な要件が多く、話しが長引き、ラーメンが伸びきってしまうんだとか。

間の悪い人が世の中にはいるわけです。
かく言う私も、間の悪い人間の部類に入ると思うのですが、
話しを聞かされるにつけ、私なんかS.Hさんの足元にも及びません。

本人いわく、大昔、ビデオデッキの発売当初、
ベータとVHSの2機種があったのですが、さんざん悩んだあげく、
画像が奇麗らしいということで、ベータに決定し買ったそうです。
しばらくの後、VHSの支持が高まり、ベータは駆逐されてしまいました。
ちなみに自分が買った値段より、ベータの同機種は半額近くに値下げされたとか。

自分の間の悪さを自覚しているので、目的の店を目指すときは、
定休日はいつなのか、欠かさず調べてから出かけるそうです。
電車に乗り鎌倉までラーメンを食べに出かけたらしいのですが、着いてみれば、
なんと「本日、事情により臨時休業させていただきます」の張り紙があったとか。

会社の皆で毎月積み立てをし、初の海外旅行だと意気揚々のとき、
祖母が倒れて亡くなり、キャンセルせざるを得なかったとか。

離職した後、本人が思っていたより雇用情勢は厳しく、短期の仕事を続ける中、
ようやく正社員としての内定をもらい、入社日を待って過ごしていたら、
3月11日の大地震発生。状況が一変したということで採用を見送られたそうです。

絶対に起きなければならないと目覚まし時計をセットすれば、
夜中に電池切れになって止まっていたとか。

なんでこんな所で、こんなヤツとバッタリ会ってしまうのか不思議だとか。

空いているからと選んでレジに並ぶと、自分の前の客が面倒な人だったり。

平日ならディズニーランドは空いているだろうと、休みをとって出かけると、
千葉県民の日で、学校が休みの千葉県民で普段の土日より混雑していたとか。

お気に入りのスイーツをコンビニに買いに行くと、売り切れが多いとか。

他にも、たくさん聞かされたのですが、忘れてしまいました。
ともかく、この人は何かを持っている、選ばれた人なんだなと思えるほど、
その間の悪さ、タイミングの悪さ、運のなさは天下一品の方なのです。


さて、話は少し外れますが、数日前までのテレビ報道。
「株で儲かったので、今日はご褒美に豪華な食事でもと思いまして」
「ここ数週間の値上がりで一流企業の部長さんの月給くらい稼いじゃいました」
「何も知らないで始めたんですけど、もう毎日、株の値動きだけが楽しみ」
「なんだか、会社に行くのがバカバカしいとさえ思ってきちゃいますよね」
ここまで株で潤っている市民の声を聞かせられると、
株を買わないのは損? 株に縁のない方々は考えさせられます。

自分は損をしている、きっとS.Hさんは思ったのでしょう。
ズバリ、株価が下がったのは、あの彼、S.Hさんが株を購入したからです。
最近、会ってないので確証はないのですが、私はふと気が付いたのです。
海外の投資家たちが売りに出始めたとか、中国の経済不安が原因だとか、
世間では、そんなことを言っているかもしれません。
いいえ違います。間の悪さ最強男のS.Hさんが株を購入したから。
これこそが株価下落の真の原因だと私はにらんでいます。

経済にまで影響を及ぼすなんて、まさに恐ろしいほどの間の悪さパワーです。
安倍首相にアドバイスです。
経済をうまく回していきたいのなら、彼の動向をチェックする必要があると思います。
posted by 貞吉 at 00:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

本人の自覚ゼロ

自分のやった非難されるべき行為を、全く理解できていない人っています。
理解してないから、反省する気持ちなんて、さらさら無いんです。


本屋が万引き防止のため、究極の策を打ち出します。
「当店で万引きをしようとした者は、謝罪として1万円を支払っていただくか、
店頭に私は万引きをしようとしましたと顔写真を貼らせていただくか、
いずれかをご自身で選択をしてもらうことになります。万引きは絶対にやめましょう」

早速、万引きをしようとした主婦を事務所に連れて行き、選択を迫ります。
「どうしますか。1万円払いますか、それとも今撮影させてもらった、
あなたの顔写真を、万引き犯ですと点頭に貼り出しますか、どっちにしますか」
「………1万円なんて払いたくないです」
「じゃあ、顔写真を店頭に貼り出します。構いませんね」
「それはイヤです。だって私、1万円の本を盗ろうとなんてしていません。
私が盗ろうとしたのは1,500円の本です。
1万円も払うくらいなら、最初から1,500円出して買うに決まってます」
「………あなた、自分のやったこと、分かってますか?
あなたの言う理屈は、そのまま、こっちのセリフなんですよ。
1万円も払いたくないのなら、最初から1,500円出して、
ちゃんと買えばよかったんですよ。違いますか」
「でも………この1,500円の本を1万円で買えってことですよね」
「………いいえ違います。1万円払っても、この本をあなたに進呈なんかしません。
あなた、根本のところで、何か勘違いしてませんか。分かってないですよね。
あなたは万引き犯なんですよ。犯罪者なんです」
「私、万引きなんてしていません」
「はぁ? だってあなた、この本をこっそり自分のバッグにしまって、
お金を払わずに、店から出て行ったじゃないですか」
「はい、それは認めます。だから私は万引きをしようとした者なんです。
万引きをしようとしたけれど、出来なかった。万引き未遂ってことですよね」
「あのね、まんまと持ち去ることができた場合を万引き、じゃあないんですよ。
世間では金を払わずに店から一歩出た場合を万引きと言っているんです」
「………なんだか、おかしな理屈ですね」
「………あなたたちの仲間で、どういう解釈をしてるかなんて、私は知りません。
世間一般では、さきほど言ったことが万引きということになるんです」
「それに、1万円払えとか、写真を貼り出すなんて、全く知りませんでした」
「店の入り口に、思いっきり貼ってあるじゃないですか。
大きな文字で書いてありますよね。見えませんでしたか」
「そうかもしれませんが、私は全く気がつきませんでした。
未遂なんですから、1万円を2,000円にまけてくれてもいいんじゃないでしょうか」
「もう、いいです。なんだか、あなたと話していたら疲れてきました。
………反省もしてないようですし、警察でも呼びましょうかね」
「ダメです。それは困ります。だって、表の張り紙に書いてなかったじゃないですか。
1万円払うか、写真を貼り出すか、この2つだけだったはずです。
警察を呼ぶかなんて、どこにも書いてなかったじゃないですか」
「ちゃんと、張り紙を見てたんですね」
「警察を呼んだりしたら、逆に訴えますよ」
「………私の何を、どこを訴えるんですか」
「万引きをしようとしたことを世間にばらされたくなかったら、
この本を1万円で買えっていう脅しです。脅迫だと思うんですけど」
「………もういいです。お帰りください。
万引きがなくなるよう見せしめとして、あなたの写真を貼り出すことにします。
1万円払わないんだから、いいですよね。あなたの写真を貼り出しますからね」
「………どうぞ。私は写真を貼られて困るようなことは何一つしていませんから」
「だから………やれやれ、困った人だ。 どうぞ、とっとと早く帰ってください。
そして二度と私の店には来ないでください。分かりましたね。
あっ、ダメですよ。なんで、その本を持ち帰ろうとしてるんですか」

通じない相手には、何を言っても無駄です。
本当にいるんだろうな、こんな人。
できれば出会うような機会がないことを祈ります。精神を著しく壊されます。



予定外の帰宅。寝室のドアを開けると、自分の妻が見知らぬ男とベッドに。
元モー娘の矢口真里さん、やっちまったそうですね。
果たして彼女は自分の非難されるべき行為を自覚し、反省しているのでしょうか。
もし後日、記者会見を開いた場合、
「私の思慮のない軽率な行動が、夫の誤解を招いてしまったのかもしれません。
今となっては手遅れですが、本当に反省をしております」
こんな、おバカなことだけは言わないでくださいね。
「現場を見せられた亭主の、どこに誤解が生じる余地があるんだよ!
誤解も何も事実そのもので現行犯だろうが! 本気で反省しやがれ!」
世間から再度、集中砲火を浴びることになります。
posted by 貞吉 at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする