2013年04月03日

国道49号線の軽トラ

会津若松から郡山に向かう場合、高速道路を使わないとすれば、
ひたすら国道49号線を走り続けることになります。
この国道49号線、猪苗代IC近辺の短い区間を除けば、
ずーっと片側1車線が続きます。

さて、片側1車線の国道49号線。
私の前を走る車が、その前を走る軽トラの後ろにピタッと張り付いて走っています。
前の車はさぞかし急いでいるんでしょう。
早く行け! の催促のつもりだと思います。
軽トラの前には、視界の限り、車は1台も走ってません。
軽トラは時速45kmくらいで走っているので、遅いかどうかは微妙な判断です。
しかし、軽トラを先頭に私を含め7台くらいの車が大名行列状態になっていました。

軽トラが信号で止まります。信号が黄色になったばかりで停止しました。
こういったルール厳守の姿勢も、前のドライバーを刺激すると思います。
「遅いくせしやがって、なんで黄色で止まるんだよ!」
そんなことを思っているはずですが、それはイチャモンというものです。

軽トラのドライバーは、自分が、自分の後ろを走る車のドライバーを、
相当にイラつかせている、と気が付いているでしょうか。
軽トラのドライバーは高齢者でした。
おそらく、そんなことは意にも介していないと思われます。
サイドミラーもルームミラーも一切見ずに、マイペースで運転しているはずです。
つまりは、私の前の車が、どんなにジタバタしたところで意味がないわけです。

さて、その軽トラですが、信号が赤になってしばらくすると、
右折のウィンカーを点滅させました。
私個人の感想としては「やっと、いなくなってくれるのか」です。
おそらく、前の車も、他の車の皆様も同じ感想だったと思います。
対向車線には、やはり信号待ちで7、8台の車が停車していました。

信号が青に変わり、軽トラは車を少し前に出すこともなく、
チャッカ、チャッカ、チャッカ、ウィンカーを出したまま動きません。
「少し右に寄せながら、車を前に出せよ! 横をすり抜けていけるんだから」
前の車の、小刻みの前進、ブレーキを繰り返す動きから、そう察します。
そんなこんなで、後2台ほど対向車が直進して通り過ぎてくれれば、
この軽トラは、晴れて右折して、いなくなってくれるという時、
なんと軽トラはウィンカーを取り消して、直進し始めたのです。

「………おい、おい。なんだよ。曲がるんじゃなかったのかよ。
後続車をこれだけ待たせておいて、今さら、直進だと? ふざんけなジジイ!」
軽トラを運転していた高齢者に、悪意はなかったように思えます。
これほど高度な嫌がらせは、高齢者には思いつかないはずです。
単に何かを思い出して、予定を変更したのだと思われます。

前の車は張り付くばかりではなく、今度は車を左右に蛇行させながら、
「俺は怒ってんだよ」 を猛烈にアピールします。

大型トラックなど、法定速度を厳守していても気の利いたドライバーなら、
チェーン着脱所など、車を寄せられる場所を見つけ、後続車を先に行かせます。
しかし、そんな気遣いを持ち合わせない、遅いスピードで走りがちな、
お年寄り、オバちゃんに先頭を奪われてしまったら、手も足も出せません。

前の車、とうとう限界に達してしまったようです。
視界が開けた直線というわけでもない所で、
追い越し禁止の黄色いセンターラインをまたいで、対向車線から追い抜きました。
すぐ先のカーブから対向車が現れたので、結構、危険な行為でした。
困ったのは私です。「俺も抜いて行かないとダメかな」
そんなプレッシャーを感じてしまうものです。しかし案ずることはありませんでした。
カーブを曲がった先で軽トラは路地を左折して、いなくなりました。


先ほどまで私の前を走っていたイライラ車とは、すぐ先の信号で合流しました。
赤信号に引っかかっていたのです。
前のドライバー、ルームミラーで後方を確認したようです。
「………あのジジイ。俺が追い抜いた後、すぐにどこかで曲がったのかよ。
俺はなんのために、危ない思いをして追い抜いたんだよ、バカヤロー」
絶対に、そう思っていたはずです。
私が笑いをこらえているのも見られてしまったでしょうか。
気が付いたんなら、イライラは倍増したかと思います。


さて、信号がもうすぐ青に変わるよ、というその時です。
左側の脇道からノロノロと別の軽トラが、我々の国道49号線に入ってきたのです。
我々の先をゆっくりと走って行くではないですか。

ちなみに、前の車のその後の走りっぷりは、観念したみたいです。
ふてくされ気味の薄ら笑いを浮かべながら、軽トラの後を静かに走ってました。
posted by 貞吉 at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

桜の木の傷害報道

会津の桜はいつ咲くのでしょうか。ようやく蕾が膨らんできた状態です。
NHK大河ドラマ「八重の桜」が放映中ということもあり、
桜が満開になったら、鶴ヶ城に多くの方が来てくれるはずと思ってます。
急いで咲く必要はありません。ゆっくり、穏やかに花開き、
そして1日でも長く、その美しい姿を見せてくれたらと願っております。


さて、心無い人の仕業で桜の木が傷つけられているニュースを各地から耳にします。

地元のTV局が被害にあった桜の木の取材に入ります。
「桜を幹から切断とは、ひどいことをしますね」
「私がここの公園の管理者になってから、毎年、似たような被害が続いていたんですが、
今年はちょっとひどい。こりゃあ許しがたいですな」
「………以前の管理者の頃は、こんなひどい被害はなかったのですか?」
「聞いてませんし、なかったようですよ。私が管理者になってからです」
「………そうなんですか。大変な時期に公園の管理者になってしまったわけですね」
「いや、私が管理者になったから、こんな被害が起きていると思ってるんです」
「………そうですか、………そうなんですか、なるほど」
「だいたい犯人の目途は立ってるんです。言っていいですか、名前を」
「いやいや、推測で名前をあげてしまっては困ったことになってしまいますので、
しかし、ようやく春を待って、これから花を開こうとしていたのに桜が可哀そうですよね」
「そうです。ここの桜はもちろん、どんな植物だって、小動物だって生きているんです。
そして何より、桜も植物も小動物も、我々人間の心を癒してくれる存在なんです」
「そうですよね。満開の桜を見ていると、なんか優しい気持ちになれますよね」
「そうです。このような犯行に及んだ方も、元気に咲く桜の花を見て、心を癒して、
個人的な思いや恨みは全てないものにして、じっくり反省してもらいたいものです」
「おっしゃるとおりです。春っていうのは期待と不安が入り混じる季節でもあります。
誰もが大なり小なり悩みや不安を抱えているものです。
こういう時こそ家族や仲間と集まり、桜の花を見ながら語り合って欲しいものです」
「そう願いたいですね。桜にはそんなパワーが宿っていると信じていますから」

番組的には、怒り狂う公園の管理者の姿は必要ありません。
どちらかというと、「こんなことはもうしないでね」的に穏やかに諭すにとどめ、
やがて満開になり桜の花に埋めつくされる公園の風景を視聴者に想像させ、
春っぽくまとめて穏やかに終わらせたいはずです。
くれぐれも感情をあらわにするような表現は控えてください。
打ち合わせの段階で、事前に言い含めてあると思うのです。

「最後に。もしかしたら、ひどいことをしてしまったと思いながら、
桜を傷つけてしまった人が、この放送を見ているかもしれません。
何か声をかけてあげたい言葉がありましたら、どうぞ、この機会に」
「そうですか、では。  来年こそは現場を取りおさえて、殺す」
しかし、最後の最後に本音が出てしまうものです。


昨年訪れたのですが、国道49号線沿い「会津村」の桜もお勧めです。
posted by 貞吉 at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

恐怖のカーナビ

神奈川県茅ヶ崎市の踏切事故、知ってますか。恐い事故です。

この踏切、車が通れないように踏切の出入り口にポールが立てられています。
しかし、車が通れないはずなのに、そのためのポールのはずなのに、
南側からだと、このポールの横をすり抜けて踏切に進入できちゃうのです。
ポールの両脇は2mちょっとずつあるので軽自動車なら余裕の幅です。
しかし北側、南側から入ると出口側になるわけですが、
こっちのポールの両脇は、軽自動車でも通り抜けるのは無理な幅しかないのです。

つまり北側では、「進入できないんだな」とドライバーは諦めます。
対して南側は、「楽勝で通れるんだけど、行ってもいいのかな」になるわけです。
しかし、線路をまたぎ、いざ出ようとすると、出られないという事態に陥ります。

事故は軽自動車が南側から踏切内に進入し、出られないことを察知。
そこでパニック状態になりながら、車をバックさせ、脱出しようと試みた。
しかし脱輪してしまい、やってきた電車とあえなく衝突。です。

車が入れちゃう南側のポールですが、かつては2本あったそうです。
いつの頃からか、ポールは1本になり、両脇に大きなスペースが出来てしまった。

また、「車の通りぬけ禁止」の表示が以前はあったのですが、
物理的に車が進入するのは無理なので(当時は)、敢えて
「車の通りぬけ禁止」の表示は必要ない、ということで撤去されたそうです。


普通は踏切通路にポールがあれば、車両通行禁止かなと思うはずです。
そこで私、思いました。事故が起きた本当の原因、犯人はカーナビではないかと。
私、カーナビを持ってないので詳しくは知りませんが、
「この踏切を渡ってください。この踏切を渡ってください」
とカーナビにそそのかされたのではないでしょうか。
「えっ? この踏切って進入禁止なんじゃないの? 行けるのか?」
状況を探っていると、
「この踏切を渡ってください。この踏切を渡ってください」
急かしてくるわけです。
「通行人も車も走ってないし、誰も見てはいないけどさ………」
ためらっていると、
「この踏切を渡ってください。この踏切を渡ってください」
何度も、しつこくせまってきたのでしょう。
車が本当に通れるのか幅を確認するため、車を少し前進させ、
「おっ、全然大丈夫じゃん。この幅なら楽勝で入れるな」
「この踏切を渡ってください。この踏切を渡ってください」
悲しいかな、カーナビに背中を押されるようにして、
魔の踏切に進入するはめになったのだと思います。

「………嘘だろう。 出れないじゃん。………ヤバ! どうしよう」
ここでカーナビの音声が変わります。
本人はパニック状態なので、カーナビの音声なんか耳に入りません。
「ワハハハハ。私はおまえが嫌いだ。ワハハハハ。私はおまえが嫌いだ」
「バックしないと、バックして入った所から出るしかない」
「ワハハハハ。私はおまえが嫌いだ。ワハハハハ。私はおまえが嫌いだ」
「ヤバイ、ヤバイ、電車がきちゃうぞ、急がないと」
「ワハハハハ。私はおまえが嫌いだ。ワハハハハ。私はおまえが嫌いだ」
「うわー、なんだ、踏切から落っこちたのか、ヤバいって、動かねぇよ」
「ワハハハハ。 死ね! ワハハハハ。 死ね! ワハハハハ。 死ね!」
「うわー!」


カーナビをお持ちの方へ。
カーナビをぞんざいに扱わないようにしたほうがいいですよ。
たまにはピカピカに拭いてあげてください。
優しい言葉や感謝の言葉をかけてあげてください。
カーナビに嫌われてしまうと、
言葉巧みに、知らぬ間に、地獄の底に案内されてしまいます。
posted by 貞吉 at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

ストーブの筒

「お母さん、ストーブの筒ないですかね。
なんだかふとんが湿っぽくて。乾燥させるのに使いたいんです」

ストーブの筒とは、東北地方では多くの家庭で使っていると思いますが、
ファンヒーターの排熱口の近くににセットし、温風をこたつに引き込むという円筒です。

春になり、すでにどこかに片付けられてしまったようでした。

「お母さんたちのストーブ使っていいわよ」
「いえ、ストーブじゃなくて、筒です。筒。ストーブの噴出し口に付ける筒」
「何時間も使うわけじゃないんでしょう。いいわよ持っていって」
「………で、その筒はどこにあるんですか? 筒ですけど。筒」
「お母さんたちの部屋にあるけど、どんなストーブでもいいんでしょう?」
「ストーブはいりません。欲しいのは筒です。筒。筒が欲しいんです」
「えっ? あぁ、筒ね。筒のことね。私はでっきりストーブかと思ったわよ」
ここで、隣の部屋にいた父親がわざわざこちらの部屋にやってきて言います。
「父さんもストーブって聞こえたよ」
まったく2人してこいつらは、と私は思ったわけです。

譲って、最初の私の言い方が悪かったのかもしれません。
「ストーブの筒ないですかね」が、「ストーブないですかね」と、
聞こえてしまうような、そんな発声だったかもしれません。
だとしてもです。その後に私は“筒”という言葉を連発したじゃないですか。
あなたたちはいつだってそうです。
1度こうだと思い込むと、訂正することができません。
思い込んでしまったら、もう聞こえない、あるいは聞く気がない。

「筒なら筒で、最初にちゃんと言ってくれないと分からないわよ」
母親が言ったのですが、改めて、最初が全てなんだなと学んだわけです。

ここで、再度、父親が口をはさんできます。
「あんたが欲しいのはストーブじゃなくて、筒だべ。筒のことを言いたいんだべ」
“言いたいんだべ”って、もう言いたくなくなるくらい筒って何度も言い続けました。
さも、したり顔で、“あなたが言いたかったことは、こういうことではないのかな?”
まったくもって、何を今さらです。


「そうですね。おっしゃる通りです。
私の言い方がまずかったのだと思います。
それはそれで今後、悔い改めることとさせていただきます。
ところで、話を戻させていただきますが、
私にストーブではなくて、筒という物をお貸しいただけないでしょうか」

「ないわよ。穴が開いたので捨てちゃった」

無駄に過ごした時間を返して欲しい。
posted by 貞吉 at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

思わぬところに天職が

労働力の減少の折り、衰退産業から成長産業へ労働力を移動させるべきだ。
そのためには、今よりも正社員を解雇しやすくするべきだ。
怖ろしい内容ですが、現実に安倍政権で議論されていることです。
どこまで「正社員を解雇しやすく」するのか知りませんが、
自分に合う仕事かどうか、ミスマッチもあるので、そう簡単なことではないはずです。


「山田くん、君が今までやっていた仕事、他社に委託することになった。
で、君どうする? もう、会社にいても意味がないから辞めることにするかい」
「………クビってことなんでしょうか?」
「いやいや、クビではないよ。君には解雇されてしまうような理由は何もないだろう。
何かあるのかな? 解雇されてもしょうがないか、そんな理由があったら是非教え」
「何もないです。解雇される理由なんて一つもないです。でも」
「分かってるよ。だから、会社を辞めるのも、会社に残るのも、君の判断次第だと」
「えっ? いいんですか? 残ります。じゃあ会社に残らさせてください」
訴訟をおこされたら面倒だ、要らぬトラブルだけは避けたい、という会社側の意向。
しかしこいつは、解雇ですと告げれば、あっさりと受け入れてくれたかもしれない。
強気に出ればよかったかな。会社側としては後悔しますが、いたしかたありません。

なんとか会社を辞めさせたいけれど、解雇を告げる理由が見当たらない。
それなら、自分から「退職させてください」と仕向ける方法はないものか。
以前から使われている手法ですが、「追い出し部屋」が登場するわけです。


地下にある倉庫で、意味のない仕事を延々と続けさせられる。
他人との接触は一切なく、話し相手もいない、孤独でやりがいのない作業。
なんの意味があるのか、傍から見れば、会社と根競べ、それだけのはずです。


地下の倉庫で、ホチキスの針を書類から外し、シュレッダーにかける。
あまり使われていないパンフレットの、訂正箇所にシール貼り。
ひたすら、これを朝から晩まで行わなければならない。いわばイヤガラセ業務です。
重要書類は各人でシュレッダーにかけることになっているので、
回されてくる書類は、こんなのも個人情報なの? という程度であり、
会社を逆手に取れるような情報を得ることもできない。

「山田はまだ地下でやっているのか。まぁ放っておけば1ヶ月ももたんだろう」
会社側はそう考えることでしょう。が、しかし。
中には、こういう単純作業が無性に肌に合っている人もいるわけです。
「社長、1ヶ月どころか、山田は楽しそうに、活き活きと作業しています」

「よし、800枚を突破したぞ」 
“いっぱいです”のランプが点灯するまで、何枚シュレッダーにかけることができるか。
袋を交換するまでに何枚の紙を裁断できるか。
こまめにノートにつけて、1日の合計を出し、それを眺めては、
悔しがったり、喜んだりしているわけです。
「うぉー、やったぞ。今日は12,000枚超えだ」

10分間でホチキスの針を何個外すことができるか。
「今日は厚めの書類が多くて記録が伸びないな。しかし、負けないぞ、見てろ!」
パンフレットの訂正用シール貼りは、1冊ずつ自己採点。
「今度のはほぼ完璧に貼れたぞ。でもまだ100点ではないな、92点というところか」
思わぬところで天職を見つけてしまったりするものです。

「社長、山田は配置転換に応じません。今の仕事を取り上げるつもりなら、
自分のこれからの全人生をかけてでも、会社と争うとキッパリ言ってきました。
覇気のなかった山田が、あんなに語気を荒げて言ってくるなんて、あいつ本気です」
リストラ対象社員は思いがけないところでパワーアップしてしまい、
会社にとって、さらなる重いお荷物になってしまうのです。 めでたし、めでたし。


【整理解雇……リストラ】
@本当に社員をクビにしなければ、会社が潰れてしまような状況にあるのか?
A経営陣の報酬カットとか、解雇ありきの前にやれることがあるんじゃないのか?
Bリストラの対象にされた、自分を含めた者たちは何の基準で選ばれたのか?
C紙1枚渡されただけでは納得できない。ちゃんと説明し、話し合いの場を作れ!
以上@〜Cが整理解雇の4要件です。特に重要視されているのはCです。

【懲戒解雇……クビ】
@解雇に、客観的に合理的な理由があるかどうか。
  客観的に=社員の誰もが見ることのできる就業規則が一般的だと思います。
  「あなたはクビです。ちゃんと就業規則にこれをしたらクビだと書いてあるでしょう」
  合理的な=就業規則に書かれている項目が理にかなっているかどうかです。
  「確かに書いてありましたけど、職場でつまらないダジャレを言ったらクビだなんて」
  こういった場合は、合理的な理由とは言えず解雇は認められません。
  ただし、再三再四注意を受け、他の従業員からヤメろと言われたにも係わらず、
  職場でつまらないダジャレを言った場合は解雇、とあれば微妙です。私は認めます。
A解雇が、社会通念上相当であると言えるかどうか。
  就業規則に「会社の機密を漏えいした場合は解雇」とあれば、
  これは客観的に合理的な理由と言えるので@はクリアです。しかし、
  自分の給与明細を同業他社の者に見せたということが、世間一般の人から見て、
  「それはクビになってもおかしくない」、「当然クビだろう」と思われるかどうか。
  個人の給与明細を見せたくらいでは、会社の機密の漏えいとは思えませんし、
  世間の人たちも「それは会社のやりすぎ」、「クビだなんてひどい」と言うはずです。
  よって、社会通念上相当であるとまでは言えないとなり、解雇は無効になります。


ちなみに、もしリストラ勧告されたとき、
「こんなクソ会社、こっちから辞めてやる!」
この一言だけは、言ってはいけません。自己都合退職になってしまいます。
会社に来るなと言われて暇になったんで、と会社を訴える裁判をおこせなくなります。
解雇予告手当をもらうことができません。
ハローワークで有利になる会社都合退職ではなくなります。
それこそ会社に対して暴言を吐いたということで、懲戒解雇の可能性もでてきます。
くれぐれも、その一言だけは胸の内に納めてください。
posted by 貞吉 at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする