2013年03月11日

雪かき

気温も高くなり、ようやく春の気配を感じられるようになってきました。
どうやら、もう雪かきはしなくてすみそうです。

ところで、
「ひょっとして……… あなた、雪かきが好きなんですか?」
会社あるいは御家庭に、こういった方はいないでしょうか?

「今さっき、やったばかりじゃん」
というのに、またスコップを持って出て行く。
うちの父親がまさにそれなんです。
『………ある程度、積もってからでいいのに』
横着な私なんかは、そう思うわけです。

しかし、“さっき、やったばかり”を知らない母親、女房から、
「お父さんと一緒に雪かきしてあげなさいよ」
そういう冷たい目で見られるのです。

玄関前のコンクリート打ちの部分を、
雪がないのにスコップでガリガリ、ゴリゴリやるわけです。
「………積もってないですね。
………というより、さっき、やったばかりですもんね。
そんなに気になるなら、ほうきで掃いた方が早いかもしれませんよ。
雪も小降りですし、1時間おきにやらなくたって大丈夫ですって」
父親は憑り付かれたように、ガリガリ、ゴリゴリ。聞こえないようです。

暇を持て余した几帳面なお年寄り。これは結構タチが悪いです。
1人で雪かき遊びをする分には一向に構わないのですが、
巻き込まれる立場にある者は、たまったもんじゃありません。

これは私の想像なんですけど、几帳面な方の性格から、
やった! 完璧だ!
それはもう、何もそこまでという呆れるほど綺麗に雪かきをした場合、
「せっかく綺麗にしたのに、また雪が降ってきやがった」
まるで、雪をほこりの様に思っているのではないでしょうか。


「積もって固まっちゃうと始末が悪いんだ」
それは分かるんですが、ならば、せめて積もってからにしましょうよ。
気温も高いですし、屋根の上の雪だって溶け出してますよ。
ポタポタ、ポタポタ、ほら、結構な早さで溶けてますって。
薄く降り落ちる雪だって、すぐに溶けてなくなりますって。
……やるんですか? それでも、やると言うんですか。 ……そうですか。


雪だるまを作ろうと、外に出ていった息子が唖然とします。
「………雪がない」
雪は奇麗に庭の一角に山積みにされていました。
雪玉を転がして雪だるまを作ろうなんて、
我が家では数少ないチャンスしかないわけです。
posted by 貞吉 at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする